ブログ
Pocket

Windows9が消えてWindows10になった理由とは!?株式会社K.S.D.

皆さんはもうすでにアップデートしましたか??

私はまだアップデートしようか決めかねているところですが、

7月29日、ついにWindows10の無償アップデートがスタートしましたね。

このアップデートは、1年いないであればいつでもアップデートが出来るそうです。

また、今回はお試し期間があるのではないのでそのままWindows10を使うことが出来るとのことです。

さて、今回のWindows10のアップデートの裏でなぜWindows9をすっ飛ばして「10」であるのか。

という話もあがっていました。

確かに、Windows7、8、8.1と続いたのだから次はWindows9だろう!?

と思いますよね?

なぜ「9」が飛ばされてしまったのか。。

巷でのうわさの中で有力な説をご紹介します。

誤判定コードが含まれることが「9」を飛ばした原因か!?

マイクロソフトの社内調査でWindowsに関連した多くの製品・ソフトに

if(version.StartsWith(“Windows 9”))
{ /* 95 and 98 */
} else {

といった判定プログラムコードが書かれていたようです。

つまり、Windows9と同じ9から始まるWindows95や98と間違えて判定してしまうコードが多く存在しているということです。

その誤判定を回避する方法として、Windows10になったという話が有力のようです。

 

コンピューターの検索プログラムでは完全一致だけでなく、

前方一致という検索方法が広く使われています。

「まいくろ」と入力すると「マイクロソフト」「マイクロエース」などいくつかの候補が自動で出てきます。

この前方一致の方法がプログラムにも組み込まれていて、

Windows9をWindows95や98と誤認識してエラーが発生する可能性があったようです。

それなら、「9」を使うのは避けようという話が有力のようです。

 

しかし、マイクロソフト側からなぜ「10」になったのかの

正式な理由が発表されていないので

なぜ、Windows9が存在しないのかという真相は明らかになってはいないようです。

 

 

 

コメントは利用できません。