ブログ

Office 365加入者を対象に先行リリース!「Office2016 for Mac」 | 株式会社K.S.D.

7月9日(米国時間)、Microsoftは「Office365」加入者を対象に

Mac用Officeスイートの新しいバージョンの先行リリースを開始しました!

Office 2016 for Macは、「Word」「Excel」「PowerPoint」「Outlook」「OneNote」などが

新しいバージョンとなって、139カ国 16言語でリリースされます。

Office 2016 for Macは、Office 2011 for Macの後継版となります。

office 2016 for mac is here 3 1

Office 365加入者から先行リリース

Office 365を利用し、「Office 365 Home」「Office 365 Personal」「Office 365 ProPlus」と

Officeアプリをローカルで使える一部のOffice 365ビジネスプランに加入しているユーザーは、365アカウントのページで7月9日からOffice 2016 for Macをインストールすることが出来ます!

また、「Office 365 Education」プランに加入する学生などもOffice 2016 for Macを入手することができます。

Office365ユーザーとボリュームライセンスユーザーは、

サブスクリプション(一定期間の利用方法と支払方法)の一環としてその料金を支払っているので、

Office 2016 for Macが「無償で」提供されます。

office 2016 for mac excel

9月中には永続ライセンス版のOffice 2016を提供か?

利用期間に対して支払が発生するサブスクリプションという形ではなく、

従来のソフトウェアの一括形式による永続ライセンス版の購入をしたいというユーザーには、

小売各社から新しいバージョンの「Office 2016」が販売されるようになるようです。

販売価格については未発表とのことです。

Office 2016 for Mac is here 1

Microsoftは、Office 2016 for Macを定期的にアップデートし、

約四半期ごとに新機能を追加するとのことです。

 

 

Office 2016 for Mac(英文)

https://blogs.office.com/2015/07/09/office-2016-for-mac-is-here/

コメントは利用できません。