ブログ
Pocket

MicrosoftからOutlook連携のメッセージアプリ「Send」株式会社K.S.D.

7月22日、米マイクロソフトはOutlookと連携したメッセージアプリ「Send」を発表しました!

Sendは、チャットやメッセンジャーのようにインスタントにメッセージを送受信できるアプリです。

まずは、アメリカ企業や教育機関、Office365向けのiOS版をApp Storeにて公開しました。AndroidやWindows Phoneも間もなく公開されるとのことです。

また、Office365ユーザーでなくても、今後数ヶ月中に使用できるようにするとのことです。

 

Sendとは?

クロップドパンツ -  2を送る紹介

Sendは、短いメッセージのやりとりを想定して開発されたアプリです。

例えば、「今日は会社にいる?」「10時にチャットしたい」「プレゼンはまだ発表しない」に対し、「ノー」「イエス」などといった簡単なやりとりをOffice365のOutlookアカウントで出来るので、他のメッセージアプリ(Facebook、Skype、LINE、ハングアウトなど)の

ユーザー名や携帯番号を知らなくてもメッセージを送れます。

このユーザー名や携帯電話の番号を知らなくてもメッセージが送れるというところがミソとのことです。

 

Outlookと統合されるメッセージ

クロップドパンツ -  3を送る紹介

Sendというアプリは独立してはいますが

SendでやりとりしたメッセージはOutlookアカウントと紐付いているため

Outlookに統合され、後でOutlook内で過去のメッセージを確認することが出来ます。

また、

Sendのアプリを相手がインストールしていなくても、デスクトップとモバイル用のOutlookアプリから受信・返信が出来ます。

 

ショートメッセージならLINEなどのメッセンジャーでいいじゃん?とお思いでしょう。

しかし、

相手先が仕事用のLINEアカウントを作っていなかったり、Facebookのメッセンジャーをプライベート用にしていたり、わざわざアカウントを相手に伝えなくても

Outlook 1つでメールとショートメッセージのやりとりが出来る。

こういった点が、マイクロソフト側からするとOutlookを利用するショートメッセージの存在価値を主張しています。

 

また日本でも公開となったら使ってみようかと思います。

 

 

Introducing Send—designed for in-and-out email

https://blogs.office.com/2015/07/22/introducing-send-designed-for-in-and-out-email/

 

 

コメントは利用できません。