ブログ
Pocket

Instagram広告がついに日本国内でもスタート!予算に合ったサービス提供株式会社K.S.D.

10月1日、インスタグラムジャパンは2015年5月から試運転として一部の企業のみから広告の出稿を受け付けていましたが、

今回、日本国内でもセルフサーブ型広告サービスを開始を発表しました!

企業の大小の規模に関わらず自社で設定した予算内で広告配信が出来るとあって低予算からでもInstagram広告を出稿する企業が参入することが見込まれます。

すでに代理店なども動き出しているようです。

 

どんな広告サービスが用意されているのか

1,写真を使った広告

ウェブサイトへの誘導:Instagramリンク

  • 画像アスペクト比: 1:1
  • 画像サイズ: 1080 x 1080ピクセル
  • 画像にテキストが占める面積が20%を超えてはいない。
  • 画像にテキストが占める割合をチェックできるグリッドツールがある。
  • 説明: テキストのみ、125文字以内を推奨
  • 広告を見た人がアクションできるボタンの設置が可能
    • 他の動画を視聴
    • 予約する
    • お問い合わせ
    • ダウンロードする
    • 詳しくはこちら
    • 購入する
    • 登録する
 
 

https://ja-jp.facebook.com/business/ads-guide/clicks-to-website/instagram-links/

2,30秒までの動画を使った広告

Instagramでの動画の再生

  • アスペクト比: 1:1
  • ビデオ: H.264圧縮方式、ハイプロファイル推奨、正方画素、固定フレームレート、プログレッシブスキャン
  • フォーマット: .mp4コンテナ(movアトムが先頭に配置されていることが望ましい)、編集リストなし
  • オーディオ: ステレオAACオーディオ圧縮、128kbps以上を推奨
  • 説明: テキストのみ、125文字以内を推奨
  • 広告を見た人がアクションできるボタンの設置が可能
    • 他の動画を視聴
    • 予約する
    • お問い合わせ
    • ダウンロードする
    • 詳しくはこちら
    • 購入する
    • 登録する

https://ja-jp.facebook.com/business/ads-guide/video-views/instagram-video-views/

3,カルーセル画像を使った広告

ウェブサイトコンバージョン: カルーセル形式の広告

  • 画像とリンクを3~5個掲載
  • 推奨画像サイズ: 600 x 600ピクセル
  • 画像アスペクト比: 1:1
  • テキスト: 90文字以内
  • 見出し: 40文字以内
  • リンクの説明: 20文字以内
  • 画像にテキストが占める面積が20%を超えてはいけません。画像にテキストが占める割合をチェックできるグリッドツールをご利用ください。

4,ダイレクトスルポンス型広告

アプリのインストール: Instagramモバイルアプリ

モバイルアプリのインストールを促します。

  • 画像アスペクト比: 1:1
  • 画像サイズ: 1080 x 1080ピクセル
  • 画像にテキストが占める面積が20%を超えてはいけません。 画像にテキストが占める割合をチェックできるグリッドツールをご利用ください。
  • 説明: テキストのみ、125文字以内を推奨
  • 広告を見た人がアクションできるボタンの設置が可能
    • インストールする
    • アプリを利用する
    • 予約する
    • ダウンロードする
    • 詳しくはこちら
    • 音楽を聴く
    • ゲームをプレイ
    • 購入する
    • 登録する
    • 動画を見る
    • 他の動画を視聴

https://ja-jp.facebook.com/business/ads-guide/app-installs/instagram-mobile-app/

これらの広告タイプはinstagramの親会社であるFacebookの広告技術を活用する事で様々なアクションが可能となっており、

ファッション、スポーツ、車、食などの趣味や好みにあわせて、

ユーザーにリーチできる仕組みとなっています。

 

今までInstagramは投稿の際に外部サイトへの誘導が出来なかったため

ビジネスへ直接結びつけるには活用しづらいコンテンツであったようですが、

今回の発表によりInstagramを活用する企業が増えそうですね!

 

ちなみに、日本人がInstagramに求める物は、

“内容のおもしろさ”と”高品質の写真”だそうです。

 

 

コメントは利用できません。