ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その98 年末は新製品ラッシュ?今度は、iMac? | 株式会社K.S.D.今年の年末、Apple新製品で攻勢をかけるつもりのようです。

今度は、iMacRetinaディスプレイを搭載したモデルが追加されると、

Appleのニュースサイト 9 to 5 macが、関係者の話として報じています。

imac

Retinaディスプレイとは、2002年にiPhone4で採用された、高彩度ディスプレイです。

このRetinaとは「網膜」の意味があり、

人の目と同じくらいのきめ細かい表現ができるという、

Appleオリジナルのネーミングです。

日本では、4Kディスプレイと言った方がわかりやすいのかも。

 

Macintoshでは、 2012年にMac Book Proに搭載されているだけでしたので、

それ故、iMacApple純正ディスプレイでの対応を

待ちわびているユーザーも多くおりました。

時折、噂にはなるものの、結局発売されぬまま、今に至ってしまっています。

20インチを越えるディスプレイのRetina化は、

こちらが思ううよりも大変だったんでしょうか?

 

もし、このニュースが事実なら、また自分の次のマシンの選択肢が増えることに。

困りました。iMacも、Mac miniも、Mac Book Proも、どれも捨てがたい・・・・。

wakaremichi

iMacRetinaモデルは、新しいiPadOSX Yosetemiteと同じ、

10月中旬に発表されるらしいので、

それまでゆっくり悩むことにしましょうか。

 

では、また。

コメントは利用できません。