ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その94 発売してからが本番のチーム | 株式会社K.S.D.先週金曜19日から待ちに待った、iPhone6&Plusが発売されました。

今週末、店頭で実際に手に取られた方も多いのではないでしょうか。

iPhone6&Plus  hand

Appli Biz(アプリビズ)より)

自分もそのひとりでした。ホント、iPhone6&Plus大きいですねえ。

初期ロットはちょっと怖いので、いつもは控えているんですが、

実物を見てしまうと、ちょっと物欲心が暴走してしまいそうです。

 

さて、こうやって新商品が発売されると、

行動を開始するチームがAppleにはいます。

それは、EFFAチーム

EFFAとは、Early Field Failure Analysisの略で、

新商品にはつきものの、初期不良を調査し対応するチームです。

 

1990年代からスタートしたこのEFFA

一体どんな事をするのでしょうか?

それは、ユーザーから届けられる、新商品の初期不良を吸い上げ、分析し、

改良すべき点があれば、すぐさま対応させる事

 

メーカーのテストでは気づかなかった事も、

多くのユーザーが毎日使用する事で発見される事もあります。

そうした発売初期のトラブルを早い段階で処理する事で、

長い目で見ると、商品への信頼が高まり、返品率を減らすことに繋がるんです。

 

実際、2007年、初代のiPhoneでは、生産ラインでの作業員の汗が垂れた事が原因で

タッチスクリーンの不良を招いたことがあったそうです。

EFFAチームは、汗が垂れないような策を、生産ライン全てに施したとの事。

 

今回のiPhone6&Plusも、EFFAチームが動き出しているに違いないでしょう。

できれば、そうした初期不良は少ないのがよいのですが・・・。

 

では、また。

コメントは利用できません。