ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その9 成功の裏には、たくさんの失敗も | 株式会社K.S.D.

 *Photo illustration by Aurich Lawson (with apologies to Lucasfilm)

Appleが、この世に送り出してきた商品の中には、

残念ながら市場に受け入れられなかった商品も、もちろんあります。

今回は、そうした商品にスポットを当てていきましょう。

 

最初の商品は、デジタルカメラ Quicktakeです。

なんと、日本でデジタルカメラを広めたカシオのモデルよりも早い、1994年に販売されました。

Quicktake

最初のモデルには、モニターもなく、Macintosh専用でした。

その後、記録メディアがスマートメディアになり、

撮影した画像をWindowsでも見られる様になりましたが、既に時遅く、

1997年に発売を終了する事になりました。

 

次は、早すぎたマルテメディアゲーム機、ピピンアットマークです。

バンダイと共同開発し、ネット接続(なんとモデム!)できたマシンなのですが、

いかんせん早すぎました。

*当時のCM

その上、ゲーム機として、既に64プレイステーションセガサターンがあり、

Appleとバンダイの間で商品の方向性が定まらず、遊べるソフトも殆どない状態の為、

発売された1996年の翌年には、製造を終了してしまう有様でした。

ちなみに、私、1台所有しています。知り合いにタダ同然で譲ってもらいました。

あいつ、どこにあったかなぁ(笑)

 

最後は、今でも根強い人気がある、Newton Message Padです。

PDAの先駆けとなったモデルで、手書き入力など先進の機能も盛り込まれておりました。

newton

ですが、その大きさと値段の高さの為に、後発のPalmに市場を奪われてしまいます。

(そのPalmも、今や見る影もないのですから、恐ろしいですね。)

 

ただ、このNewton、スティーブ・ジョブズを解任したジョン・スカリーの手によるものだったせいか

ジョブズが復帰した直後に、プロジェクトチームは解散させられてしまいます。

もしかすると、彼の私怨ではと、巷で囁かれたりもしました。

しかし、このNewtonのコンセプトは、

現在のiPhoneiPadに受け継がれている事を思うと、

ジョブズの発想のきっかけになっているのかもしれません。

 

これも、私、初代のモデルを持っています。(自慢か!)

日本語環境では全く使い物になりませんでした。

後期のモデルでは、若干ましにはなっていましたけど・・・。

 

振り返って見ると、今回の商品は、いずれもAppleが迷走していた時期の商品ばかりです。

良いコンセプトも、そのままでは、宝の持ち腐れになると思わされます。

ちゃんと磨きあげてから発売していたいたら、状況は違っていたかも知れません。

 

では、また。

 

コメントは利用できません。