ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その84 気が早いにも、限度ってものが。 | 株式会社K.S.D.まだ9月9日の発表会もまだだというのに、

ニューヨークのApple Storeの5thアベニュー店には、iPhone6を待つ人たちが現れました

新しいiPhoneの発売の前には、必ず現れるこの風景ですが、なんと今年は史上最速です。

Waiting iPhone6-2

確かに、肝心のiPhone6の発表もされていないうちから並び始めるなんて、

今まで聞いた事はありません

一体、どんな人が並んでいるのか、気になりますよね。

やっぱり、筋金入りのiPhoneフリークなんでしょうか?

 

そんな疑問に、アメリカのCNBCが答えてくれました。彼らへのインタビューです。

 

驚いたのは、先頭に並んでいた女性、Moon Rayさんは、

iOS向けにリリースを予定しているアプリ、VideoMedicineプロモーションとの事。

確かに先頭に並んでいれば、メディアの取材がたくさんありますものね。

 

でも、驚くのは、この先頭のポジション、実は2番手の方に大金を払って

譲ってもらったそうなんです。その額、2500ドル(約26万円)

プロモーションとは言え、ご苦労様です。

 

ちなみに、彼女に2番手を譲ったCeballo Cruzさんは、

BuyBackWorldという中古スマートフォン販売会社の社員。

なんと、5年連続!並んでいるらしく、こうして順番を譲る事で、

合計7000ドル(約73万円)も稼いだのだそう。

みんな、お仕事がらみなのが、ちょっと残念・・・。

※これがその動画。

 

さあ、iPhone6が発表がされると言われる9月9日(日本時間9月10日早朝)は、もうすぐです。

販売の予定が決まったら、この列に、熱きiPhoneフリークたちも参戦、長蛇の列になるのでしょう。

もうすぐお祭りの始まりです

 

では、また。

 

追伸: 9月9日の発表会の模様が、ライブストリーミングされる事が決定しました。

MacintoshやiPhone、AppleTV向けに行われるとの事。

おそらく近年珍しい新商品の発表ラッシュになりそうな、この発表会。

みんなで、楽しみましょう。

 

コメントは利用できません。