ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その83 もうすぐビックイベントだというのに・・・ | 株式会社K.S.D.iPhone6が発表されるという9月9日の発表会まで、

残り1週間に迫ったこの時期だというのに、Appleは立て続けにトラブルに見舞われています。

困ったことです。

 

アメリカでの、セレブリティのプライベート写真の流失事件は、

今まで鉄壁とされていたiCloudの信用を一気に貶めるになりました

imgres

事件直後にAppleから公表された調査結果によると、

iCloudのシステム本体がハッキングされたわけではなく、

ハッカーがSNSなどを利用した総当たり戦で、アカウントとパスワードを入手したとの事

※Apple:著名人の写真に関する調査状況の報告

ただ、今後HealthyKit等により、個人の健康状態とかがiCloudに保存される事を思うと

ちょっと不安な気分になりますね。

念のため、最小限の対策として、複雑なパスワードの設定2段階認証をしておくのがよいでしょう。

 

そして、もう1つは、iPhone5のバッテリー交換における、サポートの手際の悪さです。

既に報じられているように、iPhone5の一部にバッテリー交換が必要なものが有り、

対象機種は無償で交換してくれるというのは、ご存じかと思います。

※Apple:iPhone 5 バッテリー交換プログラム

ただ、この対象機種というのが、くせ者でした。

実際には、対象となるシリアルナンバーの本体を持っていても、

全て交換するわけではないのです。

Apple Storeなどの窓口に持って行くと、iOS診断なるものを受けさせられ、

ここでバッテリーに異常がないと診断されると、交換されないようなのです。

※iOS診断で異常がみつかるとこうなります。
iOS診断

この対応は、あまりお勧めできません。

実際、いくつかのブログで不満を述べているのを見受けます

せめて、iOS診断の件をアナウンスして、

診断を受けさせてから窓口に来させるべきでした

Appleのサポートは、たまにこうした事があるのが、

古くからのユーザーには、残念で仕方ありません。

もうちょっと、気を利かしてくれるといいのになぁ。

 

iPhone6の発売の前に、

Appleも厄払いにお祓いしておいた方かもいいかもしれませんね。

(アメリカに厄払いなんてあるのかしら・・・)

 

では、また。

 

 

コメントは利用できません。