ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その81 タブレットにもの申す! | 株式会社K.S.D.最近、タブレットの売上げが頭打ちになっているようです。

Appleのティム・クックCEOも、iPadの販売が順調ではないことを認め、

まだ成長の余地があるとの見解を発表しています。

※参照:Wall Street Journal iPad販売減は「心配していない」=アップルCEO

 

事実、統計会社の発表を見ても、

タブレット市場が減速しているのは、間違いないようです。

※参照:Business Journal タブレット市場、なぜ急失速で苦戦?

 

これは何故なんでしょう?

自分が思うに、タブレットの置かれたポジションが、

ややぼやけてきた事にあるのではないか、と思うのです。

 

iPhoneをはじめ、スマートフォンの画面は拡大化しつつあり、

画面の大きさという点でのメリットが薄れつつあります。

また、タブレットでないとできない事への訴求が

上手くできていないと感じられます。

個人的な感覚として、タブレットが大きなスマートフォンとして、

認識されているように思われるのです。

 

そういった危機感からでしょうか。

Appleの最近のCMキャンペーンとして、

あなたの物語は何ですか?」を展開しています。

これは、iPadをツールに活躍する人々を取り上げることで、

iPadでしかできない事があるのだと、訴えかけています。

 

私も、タブレットにはまだまだ隠されている魅力があると思います

今は、それを手探りしている段階にあるのではないでしょうか。

その魅力を引き出す事ができれば、

タブレットがより魅力的なツールとなるでしょう

 

では、また。

 

コメントは利用できません。