ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その70 AppleをAppleたらしめているものは何か? | 株式会社K.S.D.AppleをAppleたらしめるものはなにか?

この質問にあなたならどう答えますか?

 

これは、Appleが社員への教育プログラムとして設けている

AppleUniversityの講座のテーマの1つなのだそうです。

 

このAppleUniversity、あまり聞きなじみがありませんよね。

2008年、スティーブ・ジョブズが、

イエール大学経営学部の学部長ジョエル・ポドルニーを学長に招き、

創立したプログラムです。

大学の講義のように、1年間にわたり、Appleとは何たるかを学んでゆくのだそうです。

 

詳細がほとんど知られることのなかったAppleUniversityですが、

今回NewYorkTimes誌が、実際の受講者から取材を行い、

その一部が明らかになりました。

 

例えば、Appleのシンプルさを説明するのに使われたのは、

ピカソの作品、The Bull(雄牛)

細やかに書き込まれた雄牛から、どんどんと装飾を取り除き、

最後には一本の線にまでにしてみせる作品です。

10university-bull1-custom1

10university-bull2-custom1

10university-bull3-custom1

10university-bull4-custom1
※Bull images by Art Resource, NY; 2014 Estate of Pablo Picasso/Artists Rights Society (ARS), New York

極めてシンプルでかつ本質的なメッセージを伝える事に絞り込む。

これがAppleの設計思想なのだというわけです。

 

また、AppleTVGoogleTVのリモコンを比較させ、

AppleTVのリモコンは3つのボタンのみなのに、

Apple remote

GoogleTVのそれは、73個もボタンがある事について考えさせる事も。

google TV remote by sony

Appleのデザイナーたちは、リモコンの本質的な役割を考え抜いたのに対し、

Googleでは、デザイナーとエンジニアが自分の意見を押し通した果ての結果

そのアプローチの違いを知る事になります。

 

このように、様々な事例に基づきながら、

Appleが掲げる理想像とその実践が、受講者に説かれてゆくと言うのです。

その講義の内容、とても興味深そうです。

でも、Appleユーザーとしては知らない方がいいのかもしれません。

純粋に、Appleが生み出す数々の製品やサービスを

楽しめなくなりそうな気がします。

 

では、また。

 

コメントは利用できません。