ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その7 iPhone登場、スマートフォンの時代へ | 株式会社K.S.D.スティーブ・ジョブズの復帰後、Appleは大きく変わってゆきました。

Appleは、単にパソコンを開発・販売する会社から、

さらに、メディアを作り出し、サービスを提供する会社へと姿を変えていったのです。

 

そのビジョンは、様々な形で私たちに示されてきました。

iPodiTune StoreApple Store、そして、iPhoneです。

 

iPhoneは、その後の携帯電話の歴史を大きく塗り替えてしまいました。

2007年に登場してから数年の内に、携帯電話といえばスマートフォンが当たり前になりました。

電車の中で、スマートフォンを操作する人の姿も、日常の風景です。

*iPhoneを発表するスティーブ・ジョブズ

 

Appleの商品には、1つ特徴があります。

それは、今まであった商品の再定義です。

今まで存在していた商品に新たな付加価値をつけて、新たな商品へと生まれ変わらせるのです。

iPhoneもその延長線上にあります。

 

既に、スマートフォンとして、Blackberryがありました。

しかし、メカニカルなキーボードを本体からなくし、画面一面を自由に使える様にし、

沢山のアプリケーションを提供するサービス App Storeは、

携帯電話におけるコンテンツ販売を一変しました。

 

ただ、ここまでの成功を収めるとは、夢にも思いませんでした。

最初は、私も様子見を決め込んでいましたから。

やはり、自分は、スティーブ・ジョブズにはなれないと思われされました(笑)

 

最後になりますが、iPhone登場とともに、Appleは、社名を変えています。

それまでの「Apple Computer」から、「Apple」にです。

社名から「Computer」を外し、内外に新生Appleを強くアピールしています。

 

では、また。

コメントは利用できません。