ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その67 サムソンとの和解に思う事 | 株式会社K.S.D.ちょっと泥沼な展開になりつつあったAppleSamsungとの関係

8月5日に、大きな動きが有りました。

日本をはじめ、世界8カ国で繰り広げらていた特許訴訟の裁判を、

アメリカをのぞき、全て取り下げる事で合意したとの共同声明が出されたのです。

※参照:マイナビニュース:AppleとSamsung、米国外の法廷闘争終結へ – 欧州委の異議告知書も影響か? 

 

しかし、随分と思い切ったものです。

この裁判闘争を仕掛けたスティーブ・ジョブズも、ビックリでしょう。

 

Appleも、Samsungも、それぞれに事情を抱えています。

特に、Samsungは、売上高の減少が伝えられています。

中でも、重要なマーケットである中国での売上が顕著で、

もうサムソンのひとり勝ちではなくなっています。

galaxy_s_sc02b

高級志向の市場では、Appleが参入、売上を伸ばしつつあります。

一方で、廉価なモデルでは、中国メーカーがどんどん躍進しています。

幅広いモデルで勝負してきたSamsungには、

それが仇になっているのです。

とりあえず、費用のかかる裁判を一つにまとめたいというのは

うなずける話です。

 

これで、勝負はアメリカでの裁判に絞られました。

先に下された、サンフランシスコでの裁判におけるAppleの勝訴を覆す事はあるのか?

決着はまだついていません。今後も、戦いは続くのです。

 

では、また。

 

追伸: それにしても、最近、Apple関係のビッグなニュースが相次いでますよね。

これは偶然? それとも、必然?

コメントは利用できません。