ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その62 MacBookPro+タブレット=? | 株式会社K.S.D.改造。

既製の商品に手を加えて、新たな価値を生み出す事。

IT、特にパソコンの分野では、改造といえばWindowsの独壇場ですが、

Macintoshにもあるんですよ。

 

今回ご紹介するのは、Modbook Pro X

MacBookPro Ratina 15インチモデルに、WACOMのペンタブレットを合体させた

最強のペン対応タブレットモデルです。

ModbookPRO

 

オプションとして、キーボードを備えたスタンド

ModBook Pro X2

 

背面に、ショートカットキーボタンをつける事もできるんです。
ModBook Pro X3

 

気になるお値段ですが、

自分のMacBookProRetinaモデルを改造してもらう場合、

1999ドル(約20万円)から。

完成品を購入の場合、3999ドル(約40万円)からになります

ややお高くはありますが、

グラフィックを扱うプロの方には見逃せないモデルのはずです。

 

ちょっと待ったぁ!

先走ってしまいましたが、実はこのモデル、まだ販売していません。

現在、Kickstarterにて、購入希望者に向けて出資を募っている最中です。

※Kickstarterのサイトは、こちら。
Modbook Pro X — 15.4″ Retina Quad-Core Mac OS X Tablet by Modbook Inc.
※ModBook社CEOのプレゼン動画はこちら。

このプロジェクトの発起人、Modbook社は、

今までにもMacBookのタブレット化を行い、商品化しています。

2008年に、ModBook

2012年には、 ModBook Pro

ModbookPRO

このように長年の実績を持ち、今回のモデルも非常に注目されているんです。

 

そして、Apple好きには外せないポイントがもう1つあります。

Appleの創立者にして、類い希なるギークの、スティーブ・ウォズニアックが、

同社のアドバイザーなんです。

それ故、自分には、この商品に溢れるMacintoshへの愛を感じてしまうのです。

 

この、ModBook ProXの出資金額の目標額は、15万ドル(約1500万円)

締め切りは、9月8日です。

果たして、結果はいかに!

 

では、また。

コメントは利用できません。