ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その55 Appleのひそかな企み? iBeacon | 株式会社K.S.D.iBeacon。 今、Appleが力を入れている新しい規格です。

でも、あまり聞き及びのない方もおられるでしょう。

実はこのiBeacon、多くの企業から注目されている規格なんです。

 

iOS7にて初めて採用されたiBeaconは、

Bluetoothの低電力・近距離通信規格、Bluetooth Low Batteryが元になっています。

この規格の特徴は、iPhoneなどのiOS系の端末が、

予め設置したBeacon端末に、一定の距離まで近づく事により、

予めインストールされたアプリに、情報を送ったりする事ができるのです。

※こちらは、Beaconを開発したEstimotoのデモムービー(英語)。

iBeaconとiPhoneの連携プレーがイメージしやすいと思います。

アプリのインストールは必要ですが、

今までのおサイフケータイのように、いちいち端末にかざす手間がいりません。

その手軽さが、様々な分野における販売促進情報発信等々において

活用できると期待されています。

 

例えば、アパレルの店舗なら、店頭にBeaconを設置して、

前を通り過ぎるお客様に、新作入荷やセールの情報を流せます。

また、店内のエリア毎に設置して、それぞれの商品の情報を流したり、

値引きなどのクーポン券の発行もでき、

潜在的なお客様を掘り起こす、販売促進ツールとしての利用が考えられます。

 

また、イベント会場であれば、Beaconを設置したブースやショーに近づくと

自動的に案内を流したり、ちょっとした優待情報を流す等

ターゲットを選んで、来場者の方への発信ができるのです。

 

こうした事例以外にも、iBeaconを設置するシチュエーションによって、

様々な活用方法が考えられます。

近い将来、様々な場所で、このiBeaconが活躍する事になるかもしれませんね。

 

では、また。

 

コメントは利用できません。