ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その5 iMac旋風、吹き荒れるスティーブ・ジョブズ復帰とともに、Apple復活の狼煙があがります。

iMacのデビューです。

iMacは、大いなる存在である初代Macintoshを、改めて定義し直したモデルといえるでしょう。

それまでのコンピュータではあり得なかった、鮮やかなカラーで色づけされた本体。

パソコンと言うよりも、POPでカジュアルなオブジェのようにも思えました。

iMacの登場は、まさに初代同様にセンセーショナルと言えるものでした。

※iMacが初めて紹介されたキーノートより@1998年5月11日WWDC

このモデルは、爆発的な人気を得て、市場を席巻。

それまで落ち込んでいたAppleの経営を、立て直すきっかけとなります。

続いて、同じコンセプトのノートブックとして、iBookを投入。

iBook

iMacは、モデルチェンジの度にカラーバリエーションが増えてゆきました。 iMac Yamm

しばらく、このカラフルムーブメントは続いてゆくことになります。

ちょうどこの頃、自分はとある店頭にてMacintoshの販売員をしておりました。

ですから、iMac発売前後の事は、よく覚えています。

 

それは、とても強烈な体験でした。

発売前からひっきりなしの問い合わせ予約受付に対応。

発売当日は、まるで新作のゲームソフト発売の様に、早朝から長蛇の列が並び、

その日は、丸々1日、iMacだけを販売しておりました。

 

パソコンの発売で、あんな熱狂ぶりを見たのはかつてありませんでした。

多分、今後もないでしょう。

それほど、iMacの登場は、インパクトがあったのです。

 

では、また。

コメントは利用できません。