ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その5 ジョブズ、Apple解雇から復帰まで迷走するかつてのApple

この時期は、スティーブ・ジョブズ不在の時期と重なります。

言い換えるならば、はっきりとしたビジョンを示して、

組織を束ねる強きリーダーが、Appleに欠けていました。

 

今回は、その強きリーダーであるスティーブ・ジョブズが、

なぜAppleを追われ、また復帰したのかを、自分なりに総括してみようと思います。

 

ジョブスが、Appleを追われるのは、1985年。

自分がパートナーとして招き入れた男、ジョン・スカリーによってです。

ジョブスは、類い希なる発想と実行力の持ち主ではありましたが、

ひどく自分勝手な面があったと言います。

それ故、Apple社内で、軋轢を招く事になりました。

もしかしたら、自分の周りの全てに矛盾を感じていたのかもしれません。

その矛盾を、内なる理想で変えてゆこうと思い込んでいたのでしょうか。

残念ながら、この時点ではその思いを果たせぬまま、野に下る事になりました。

 

その後、NeXTを興し、さらに自分の理想を追い求めてゆく事になります。

NeXTでは、その後Mac OSXの基礎となるNextstepを開発、

新たに開発したワークステーションNextシリーズに搭載し、市販されています。

NeXT Cube

*これが、NeXT Cube 。なんとフロッピーの代わりに、

当時珍しかった光磁気ディスク!(懐かしいなぁ)を搭載してました。

 

ハードとしてのワークステーションの売れ行きは思わしくはありませんでしたが、

開発環境に優れたNextstepは、Openstepと名を変え、

多くの企業に採用されました。これが、まさかの復帰劇に繋がるのです。

 

当時、迷走し、行き詰まっていたAppleは、

新たなOSの開発のため、NeXTと接触。その結果、NeXTを買収します。

ジョブズは、1997年に暫定CEOとして、Appleに復帰を果たします。

※復帰後、初めて行われたキーノート:その1

※復帰後、初めて行われたキーノート:その2 (最後に出てくるのは・・・)


※復帰後、初めて行われたキーノート:その3

 

その後のAppleの快進撃は、皆さんもご存じの通りでしょう。

iMac、iPod、iTune Music Store、そしてiPhone、

次々と時代を塗り替える様な商品とサービスを、

強いリーダシップを発揮して、世に送り出してゆきました。

 

凡人の私には理解できませんが、かつての禍根などは垣間見れません。

そんな事よりも、自分の追い求める理想を実現したかったんではないでしょうか。

その狂気じみたところに、僕たちは引きつけられてしまうのかもしれません。

 

では、また。

コメントは利用できません。