ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その49 さよならSamsung?~本格化するSamsung外し | 株式会社K.S.D.AppleSamsung

今まさに、スマートフォンの特許侵害において、世界各地の法廷でぶつかりあっています

テレビのニュースや新聞でも取り上げられる事がありますから、ご存じの方も多いと思いでしょう。

 

しかし、この両社には、別の側面があります。

Appleが発注元の、部品発注を行うサプライヤーとしてのSamsungです。

その関係は、いつしか蜜月とまで言われた程でした。

 

この密接な関係にひびが入る出来事が起きました。

Samsung自ら、スマートフォンの販売を開始したのです。

galaxy_s_sc02b

つまり、お互いの関係が、今までのメーカーとサプライヤーの関係から、

メーカー対メーカーに変わりました

そして、気づけば、Samsungは,世界で一番Androidを売るメーカーになっていました。

 

当然、Appleも黙って見ているわけには行きません

特許侵害でSamsungを訴え、それは今も続いています。

更に、今までのサプライヤー契約を見直す動きに出たのです。

かつて外注部品の30%以上を占めるほどの部品発注が、

他社に切り替えてゆきました。

 

それでも、切り替えのきかない重要な部品がありました.

スマートフォンやタブレットの心臓部、CPUです。

これまでiPhoneもiPadも、Appleが設計したCPUを、Samsungが委託製作を請け負っておりました

他のメーカーにつくらせようにも、そのレベルに達していなかったからです。

※これは、iPhone5Sで使用されているA7です。Samsung製です。

A7

これは、Appleにとって悩ましい問題だったに違いありません。

商品の要が、商売敵に握られているのですから。

 

しかし、遂に流れは変わろうとしているようです。

Wall Street Journal の報道によると、新しいCPU、A8は、

台湾のメーカーTSMCを中心に製造が行われ、既に出荷が開始されたとの事TSMCA8

このA8は、今年の秋以降に登場するであろう、

新しいiPhone6iPadでの搭載が見込まれています

 

それでも、今までの商品に搭載されたCPUや部品については、

引き続きSamsungが製造を委託されている様ですが、

遂に、Samsungとの関係を終わりにすべく、カードを切ったようです

さて、この争い、いかなる結末を迎えることやら。

まだまだ目が離せそうもありません。

 

では、また。

コメントは利用できません。