ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その44 嗚呼、懐かしのユーティリティ 〜RAM Doubler株式会社K.S.D.かつて、OSが漢字Talkの頃、Macintoshには、機能拡張ファイルというものがありました。

このファイルをインストールするだけで機能を追加出来る為、

数多くの機能拡張ファイルがユーティリティとして登場しました。

 

中でも、当時のMacintoshユーザーは、

みなインストールしていたんじゃないかと思われるほどだったのが、RAM Doublerです。

搭載したメモリを、見た目2倍に使えるユーティリティです。

RAM Doubler

1990年代当時、メモリはとても高価でしたから、とても重宝したんです。

OS純正の仮想メモリもありましたが、処理速度の遅さがネックでした。

RAM Doublerは、必要以上に速度が遅くならずに 作業ができましたから、

自分のMacintoshには必ずインストールしていました。

 

物理的なメモリの容量を、システムの見た目上、2倍に見せるのですから、

時に悪さをして、他の機能拡張ファイルとぶつかりあい、

動作が不安定になる事もありましたが、とても有能なユーティリティでした。

しかし、メモリが安く購入できるようになり、消えてゆきました。

 

RAM Doublerを開発したConnectixは、

他にも、Macintosh上でWindowsを走らせるアプリ Virtual PC

VirtualPC

Webカメラの先駆けであるQuickCam等を生み出し、

connectix_quickcam

90年代のMacintoshユーザーには、欠かせない存在でした。

その辺については、又の機会に。

 

では、また。

コメントは利用できません。