ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その43 あなたは知っているか?あのイタチョコシステムを。 | 株式会社K.S.D.あなたは、イタチョコシステムを知っていますか?

数々のMacintoshゲームを生み出した、あのイタチョコシステムですよ。

おや、ご存じない。まぁ、それも無理もないかもしれません。

それは、1990年代半ばの事ですから。

 

古くからのMacintoshユーザーの中には、なじみがあるかもしれません。

このイタチョコシステムのゲーム、いずれも、とても独特なゲームでした。

説明するのは難しいのですが、とにかく変わっているのです。

ここで、いくつかゲームタイトルをあげてみましょう。

第1作 ヘナチョコタービー


第2作 サイテイバード


第3作 あの素晴らしい弁当2度3度


第4作 むづかしい本を読むと眠くなる


第5作 野犬ロデム

どうです。 タイトルからして意味不明です。

ゲームはその上をゆく不条理さです。

しかし、不思議と惹かれてしまう何かがあるのです。

だから、根強いファンがおり、Macintosh専門店でも見かける事がありました。

自分もそのファンのひとりでした。

 

そして、イタチョコシステムの真髄は、自称 代表戸締まり役のラショウさんにあるのです。

オリジナルのグッズを販売するためのショップを開店するも、あえなく閉店。

また、別の場所で開店して、閉店するを繰り返す事、なんと5回!(期間限定ショップを除く)

今は6店舗目が神戸で営業中のようです。

*現在のショップのサイトはこちら: むづかしい月

 

彼の生き方は、ひょうひょうとして捉えどころがありません

ゲームを販売していたその傍ら、

漫画家としてMacintosh専門誌 MacFanにて連載を持っておりました。

もちろんその中身は、ご期待通り!なものでした。

最近では、人形浄瑠璃にはまっているらしく、独自のライブをしているようです。

 

定められた道をまっすぐ進むような自分には、とても真似できませんが、

ラショウさんのような生き方は、とても憧れてしまいます。

手が届かない故の飢餓感なのでしょうか。

あなたは、どう思いますか?

 

それでは、また。

 

おまけ:残念ながら、イタチョコシステムのMacintosh版の販売はありません。

ただ、Windows版に移植されたものは、ペンタコムで販売中の様です。

それから、委託でPlayStationVITA用のタイトルもでもでているみたい。おやおや。

コメントは利用できません。