ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その412:Apple、40歳!iPhone、10歳!株式会社K.S.D.

2017年1月、Appleは2つの大きな節目を迎えました。

 

まずは、1月3日。この日で、Appleが法人となってから40年たちました。

この40年は、まさに荒れ狂う海のような激動の歴史でした。

時は1977年。

前年から発売していたAppleIが好調であったAppleが、新たなモデルの開発のため、さらなる融資を受ける為、二人のスティーブとして知られるスティーブ・ジョブズスティーブ・ウォズニアック、そして、初期のAppleに多大な影響を与えたマイク・マークラの3人によって、法人化されました。

 

この年に誕生したのが、パソコンの歴史を語る上で欠かせない伝説の名機、AppleIIです。

AppleII

AppleIIを皮切りに、Appleは時代にその名を刻む事になる数々の商品を誕生させてゆきます。

1984年、Macintosh

Macintosh 1st

1998年、iMac

iMac 1st

2001年、iPod

初代iPod

そして、2007年には、iPhoneが誕生します。

iPhone 1st

このiPhoneが公に発表されたのが、1月9日

 

そうです。iPhoneは、この日をもって誕生から10周年です

これが2つめの節目。

スマートフォンという新しいジャンルを切り開いただけでなく、

私たちの生活に、インターネット環境が欠かせないものとなる過程で、

iPhoneは、大きな役割を果たしてきました。

 

しかし、Appleも、そしてiPhoneも、現在大きなターニングポイントを迎えています。

新しい変化を提案出来ずに、商品のリニューアルにとどまっています

 

良きにしろ、悪しきにしろ、

Appleを類い希なる才能で牽引し続けたスティーブ・ジョブズがなくなってから、早6年

変化の激しいテック業界において、

Appleも次にやって来るであろうムーブメントを見つけられずにいるようです。

 

 

さて、今年2017年に、その答えは見つかるのでしょうか?

この1年、このブログでも追い続けていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

コメントは利用できません。