ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その402 :iPhoneの中身株式会社K.S.D.

皆さんは、iPhoneがどこで製造されているか、ご存じですか?

 

え、中国じゃないの?というあなた。

正解です。

日本ではシャープを買収した事で一躍その名前を知られる事になった、

鴻海(ホンハイ)精密工業(Foxconn)が、

中国に展開する工場で製造されています。

foxconn

foxconn

でも、それだけでは、回答不足かも。

なぜなら、鴻海(ホンハイ)では、

各サプライヤーメーカーから送られてくるパーツを

最終的に組み立てているに過ぎません。

foxconnで製造中のiPhone

では、その中身はどうなっているでしょうか。

アイルランドのナショナル大学のSeamus Grimes氏とダリアン技術大学のYutao Sun氏の

調査結果によって、iPhoneのサプライメーカーを国別に分けると、こうなります。


 ・日本 32.7%

 ・アメリカ 28.5%

 ・台湾 19%

 ・アジアその他 7.5%

 ・ヨーロッパ 6.5%

 ・中国 3.95%


なんと、日本がトップ!なんです。

そして意外かもしれませんが、

アメリカのメーカーの割合が2番目に多くなっています。

 

これには理由があります。

iPhoneの主要部品、チップの大半がアメリカのメーカーだから。

AMDAnalog DevicesBroadcomFairchild Semiconductor

IntelNvidiaSkyworksTexas Instruments 等々。

皆さんもご存じのメーカーばかりです。

 

ただ、企業もワールドワイドに展開している時代です。

台湾の企業である鴻海(ホンハイ)が中国に工場を持っているように、

サプライメーカー各社も、本国以外に生産ラインを持っているのが当たり前です。

 Foxconn

そこで、今度は視点を変えて、

iPhoneのサプライメーカー各社の、中国での製造状況を見てみましょう。


 ・全て 44.2%

 ・主要部品 31.1%

 ・主要部品以外 50.3%

 ・組み立て 69.3%


やはり、中国に集中しているのが分かります。

そういう意味では、iPhoneが中国産というのも、

あながち間違いとは言えませんね。

 

では、また。

コメントは利用できません。