ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その40 あれ?わたしのMac遅くない? | 株式会社K.S.D.毎日Macintoshを使っていると、何だか以前より遅くなった気がする事ってありません?

トラブルがあったわけでもないのにどうしてって思いませんか。

なぜでしょう?

 

Macintoshに限らず、パソコンも、スマートフォンも、

そして全てのデジタルなハードにおいて、これは避けられないのです。

作業を行うために、私たちは、Macintoshにアプリケーションをインストールし、

設定し、いろいろなデータを保存してゆきます。

こうした日々の蓄積が、あなたのMacintoshを、徐々に遅くしてゆきます。

では、どうしたら良いでしょう?

今回ご紹介するのは、こちら。

Macintoshのスピードを維持するための5つの技を紹介している動画です。

本編は英語ですので、ちょっと説明してゆきましょう。

 

技 その1:ハードディスクの容量の10%以上を空けておく。

・搭載しているメモリの容量を超えるような作業を処理する時に、

一時的にハードディスクの一部を使用する事があります。

これをディスクスワップといい、ハードディスクの空きが少ない時は、

処理スピードが遅くなってしまうのです。

ディスクスワップを効率よく行えるよう、ハードディスクの空き容量は十分空けておきましょう。

もちろん、不要なデータは消去しておく事も忘れずに

 

技 その2:ハードディスクのアクセス権の修復、忘れずに。

・これは、以外と忘れがち。大きなトラブルではありませんが、

塵も積もればなので、折りを見て行っておきましょう。

Macintoshの場合、予めインストール済みのディスクユーティリティで、修復できます。

 

技 その3:Macintosh起動時に同時に起動するアプリケーションは少なめに。

・Macintosh起動時に同時に起動するアプリケーションが多いと、

搭載するメモリの一部が予め使用されている事になります。

起動する必要のないアプリケーションは、自動起動の設定を外して、

余計なメモリが使用されないようにしておきましょう。

 

技 その4:PRAM/NVRAMクリア

PRAM/NVRAMとは、システム状態の設定を保存しているメモリです。

あまりに動作が不安定だったりした場合には、このPRAM/NVRAMをクリアすると状況が変わる事があります。

Macintoshの起動時に「Command」「Option」「P」「R」のキーを同時に押し続けるだけです。

一旦再起動しますが、そのまま押し続け、もう1度再起動するまで押し続けます。

これでPRAMクリアは完了です。

※Apple Support:NVRAMとPRAMについて

 

技 その5:どうしてもだめなら、OSを再インストール。

・残念ながら、どうしても状況が改善しないなら、OSを再インストールしましょう。

そして、必要のないアプリケーションやユーティリティは、インストールしない事。

もちろん、データもです。

ただし、このやり方は、最終手段ですよ。

原因をもとから断って、もう一度最初からやり直しです。

 

どうです?以外と単純な技ばかりでしょ。

あなたのMacintoshが、何だか遅いと思ったらお試しください。

もちろん、定期的なメンテナンスもお忘れなく。

 

では、また。

 

※参照:LifeHacker

コメントは利用できません。