ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その4 短すぎたMac互換機の時代、どん底のApple | 株式会社K.S.D.前回に引き続き、今回も、Appleが低迷していた時期の話が続きます。

 

PowerPCの投入にも関わらず、Macintoshの販売数が伸びなかった為、

Appleは、1995年、Macintosh互換機の発売にGOサインを出します。

数社が個性豊かな互換機を発売しましたが、思惑通りにはいかず、

Apple本家と互換機分家が、お互いを食い合う羽目になりました。

結局、互換機戦略は、スティーブ・ジョブズの復帰とともに打ち切りとなり、

1998年にてあっけなく終わりを迎えてしまいます。

 

さて、この互換機の中で、取り上げておきたいマシンは、これ。

PIONEER MPCシリーズです。

pioneer

スピーカーを前面に配置するデザインもさることながら、

当時のパソコンの中でも、圧倒的に音が良い事で評判でした。

なんと言っても、あのPioneer製ですから、こだわっておりました。

 

実は、2代目のMacintoshとして、発売当時購入を考えた事があります。

何しろ個人のお財布には、値段が高額過ぎました。

初めてのMacintoshSEの時のような冒険は、できませんでした。(とほほ)

泣く泣くあきらめたあげく、結局、自分が購入したのは・・・

Perfoma 575 でした。それでも、20万ほどしたでしょうか。

Perfoma 575

結構使い勝手が良くて、長い間頑張ってくれました。

 

今のAppleしか知らない世代の人には、別の星の話の様に思えるかもしれません。

本当に、この時期のAppleはどん底だったんです。

何をやっても上手くいかず、まさに風前の灯火。

Sonyをはじめ、数社が買収の動きがあるというが囁かれていたりしたんです。

今では、その逆の噂が出ているんですから、驚きです。

 

でも、実際にAppleが身売りされていたらどうなったんでしょう。

もしかすると、現代の風景も全く違っていたでしょう。

スティーブ・ジョブズの復帰もなく、

iPhoneをはじめとするスマートフォンは発売されず、

今でも、携帯電話パソコンが、ITの中心だったかも。

 

そう考えると、改めてAppleのもたらしたものの大きさを思い知りますね。

それでは、また。

コメントは利用できません。