ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その397 次のiPhoneには生きる上で必須な機能が搭載される?!株式会社K.S.D.

そんなにハードル上げて大丈夫?

 

先日、このブログでもご紹介した、Appleの13年ぶりの減収決算

その衝撃は大きく、Appleの株価は大きく下落

1日で8%、時価総額において400億ドル(4兆2400万円!)も減少。

株価

さらに、Apple凋落とメディアで不安を煽られたことを受け、

CEOティム・クックが、急遽CNBCのインタビューに登場。

今回の決算の事、今年の秋に登場予定とされる次期iPhone(7?)について、

語ってくれました。

今回の決算についての反応は、大げさと一蹴。

ウォール街の投機筋の期待に応える事は出来なかったと、

減収となった決算の結果を認めています。

ただ、Appleが真に大切にすべきなのは、

顧客の満足度であると強調

Tim cook@CNBC

また、スマートフォン市場が成熟する中で、

AndroidからiOSへ乗り換えたユーザが、

昨年の上半期において40%以上も増加した事。

中国で拡大中のユーザー、手つかずのインド市場など、

Apple、そしてiPhoneには、まだまだ成長の伸びしろがあるといいます。

 

そして、今回のインタビュー、最大の注目ポイントは、

クック自ら、次期iPhoneについて言及した点

その内容は、かなり過激なもの。

 ・誰もが買い換えを考えたくなるようなモデル

 ・想像もつかないような新機能を搭載

 ・これなくしては生きられないほどの新機能 であると言うのです。

iPhone7?

今まで報じられてきたニュースでは、

今年登場するであろう・次期iPhone(7)は、マイナーチェンジのみに留まり、

来年登場のiPhone(8)で、劇的に進化をすると言われてきました。

しかし、ティム・クック自ら、ここまで期待値を上げたとなると、

今年のiPhone、大きく化けてくる可能性が出てきましたね。

 

それにしても、生きるためには欠かせないほどの機能とは、なんでしょう。

ちょっと思いつきませんよね。気になります。

来月6月に予定されているWWDC2016で、

その片鱗が見えてくるのでしょうか?

WWDC2016

では、また。

コメントは利用できません。