ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その396 注目のApple決算発表はどうなった?株式会社K.S.D.

本日午前2時、アメリカ時間で26日午前10時から、

Apple2016年第2四半期(1月から3月)の決算発表が行われました。

注目の結果はどうだったんでしょう?

 

1.総売上高&総利益~遂に前年度から売上を下げる

噂されていたとおり、前年度から大きく下げる結果となりました。

Appleにとっては、iMac&iPodによって売上が上昇し始めた2003年以来、

実に13年ぶりとなる事態です。


売上高:505億5,700万ドル(13%)

総利益:105億1,600万ドル(22%)


 

2.製品別の売り上げ~iPhoneが初めて、前年からの販売数を下げる

・発売開始以来、常に右肩上がり売り上げを伸ばし続けてきたiPhone

今期始めて、前年からの売り上げを下げる結果となりました。

既に、サプライメーカー各社の業績悪化が伝えられていたとは言え、

好調を続けてきたスマートフォン時代も、いよいよ円熟期を迎えたことは

間違いないようです。

iPhone6s

・逆に、昨年登場したApple WatchApple Musicの投入により、

売上を伸ばした分野もあります。

 Apple Musicによって、Service分野が20%上昇

 Apple Watchによって、その他分野が30%上昇

どちらも、単独項目での扱いでは有りませんから、

具体的な数値は分かりませんが、デビューイヤーは、無事に越せたようです。

Apple Watch


各製品の売上高 / 販売台数

iPhone:328億5,700万ドル(18%) / 5,119万3,000台(16%)

iPad:44億1,300万ドル(19%) / 1,025万1,000台(19%)

Mac:51億0,700万ドル(9%) / 403万4,000台(12%)

Service:59億9,100万ドル(20%)

その他:21億8,900万ドル(30%)


 

3. 地域別売り上げ~中国経済の減速が如実に反映

・アメリカに次ぐ第2の市場である中国市場。

中国経済の減速が、Appleの業績に大きな影をもたらしています。

Apple Store@上海

意外だったのは、日本市場が売り上げを伸ばしている事

データがありませんので推測ですが、

Apple WatchApple Musicが大いに支持されているのかもしれませんね。

 


地域別の売上高

アメリカ:190億9,600万ドル(10%)

日本:42億8,100万ドル(24%)

ヨーロッパ:115億3,500万ドル(5%)

中国:124億8,600万ドル(26%)

アジア太平洋地域:31億5,900万ドル(25%)


以上、発表されたデータを基に、Appleの決算を振りかえってみました。

特筆すべきなのは、Appleにとって、今はまさに大転換期を迎えつつあると言う事です。

 

今までの好調なAppleを支え続けてきたiPhoneの減速

これが一時的なものなのか、今後も続いてゆくのかは不透明です。

ただ、今までのような急成長は、もう望めそうも有りません。

新しい商品の開発やサービスの提供など、

CEOティム・クックには、今まで以上に経営手腕を求められる事になります。

さて、どうなりますやら。

 

では、また。

Apple – Apple Reports Second Quarter Results

コメントは利用できません。