ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その390 iPhone SEは誰が買っている?株式会社K.S.D.

皆さんご存じの通り、本日3月31日は、iPhone SEの発売開始日です。

あの懐かしい長蛇の行列はありませんが、

日本では、既に24日から開始されている事前予約によって、

本日納品分は既に完売になっています。

 

お隣の中国では、もっととんでもない事になっています。

iPhone SEを扱っている主要3社が、

独自に公開した予約台数を合計すると、

既に340万台を超えています。

 ※内訳:蘇寧電器が約171万台、国美電器が約89万台、JD.comが約88万台

ちなみに、カラー別の予約台数は、

ゴールドが約130万台、ローズゴールドが約120万台、シルバーが約45万台と、

やはりと言うべきか、ゴールドに人気が集中しています。

アジア圏では、iPhone SEは、なかなかの滑り出しを見せています。

 

一歩では、市場調査会社のSlice Intelligenceの調査によると、

アメリカ国内で、iPhone SEを購入している人々には

今までとは異なる傾向を見せているようです。

一体どんな人が購入しているのでしょう?

早速調査結果を見てゆきましょう。


1.爆発的人気ではなく、ゆっくりとしたスタート

・アメリカ市場における、オンラインでの予約開始第1週の販売台数を比率で見ると、

iPhone6を100としたら、6sは54SEに至っては3という、

恐ろしく低い値です。

iPhoneSE@Slice Report01

アジア圏の好調さに比べると、

対照的な程、ゆっくりとしたスタートになりました。


2.4インチタイプからの買い換えが多い

次に、購入前に使っていた機種を見てゆきましょう

同じiPhoneからの買い換えが多いのは、6sもSEも同じです。

iPhoneSE@Slice Report02

注目すべきは、真ん中のグラフ。

2年間買い換えをしていないユーザーの割合です

2年前と言えば、まだiPhoneの画面は4インチオンリー。

つまり、4インチタイプのiPhoneからの買い換えをしたユーザーを意味します。

こちらは、6sが40.3%なのに対して、SEは48.7%と10%弱増えています。

4インチサイズをこよなく愛する層が、満を持して買い換えた事が判ります


3.20代前後と4、50代に人気

3つ目のリポートは、年齢別に見たユーザの割合です。

6や6sに比べると、20代前後と4,50代のユーザーがやや多い傾向があります。

iPhoneSE@Slice Report03


4.ユーザーの学歴にも、特徴有り

最後の分析はやや刺激的な項目、ユーザーの学歴に注目しています。

iPhone SEは、日本で言うところの中学&高校卒業のユーザーが多く

大学院以上の割合が少ないのが特徴です

iPhoneSE@Slice Report04

この3と4の分析で分かるのは、iPhone SEのユーザーは、

iPhoneは欲しいけれど、最新モデルは手を出しづらいユーザー

受け皿的なポジションにあるといえるでしょう。

 

ここまでにおいて、iPhone SEは、

現在のiPhoneのウィークポインである、

片手で使用出来る4インチサイズにこだわりのあるユーザー

リーズナブルで高性能なモデルを求めるユーザーに食い込むという役目

忠実に果たしています。

 

今後求められるのは、新興国での市場拡大ですが、

果たして、激戦が予想される市場で受け入れられるでしょうか

今後の動きにも注目が集まります。

 

では、また。

 

 

コメントは利用できません。