ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その39 Macintoshの行く末を、勝手に考察! | 株式会社K.S.D.ある日、ふと自分の中で、ある思いがよぎりました。

それは、ちょっと気になるものでしたので、本日はそれをテーマにしました。

そのテーマは、「今後Appleが、Macintoshを切り捨てる可能性はあるか?」です。

 

現在のAppleの売上の半分は、iPhoneが稼ぎ出しています。

そして、iOS繋がりでiPadを含めると、7割にもなります。

iphone-5s

逆に、Macintoshは、1割強しかありません。

(※参照:実際の数値は、こちらから。 Apple Reports Second Quarter Results

そして、今現在Appleが世界の企業の中で株価の時価総額でトップに上り詰めたのも

iPhoneの売上の急成長によるものです。

(※2014年5月現在。参照:世界時価総額ランキングより)

 

極端な話、AppleはiPhone中心の会社になっているとも言えるわけです。

であるなら、先輩であるMacintoshは、今後どうなっていくのでしょう。

選択肢は3つあります。

 

第1の選択:変わらない。

・一番可能性が高いのは、こちらですね。

売上はともかく、iPhoneアプリの開発環境 X-CODEを使用するためには

Macintoshが必要だからです。それ故、その地位は揺るがないという考え方です。

xcode

 

第2の選択:iPadを残し、Macintoshを縮小、または切り捨てる。

・次の選択肢は、iPadの性能次第ではあり得なくもないでしょう。

現在においても、MacBook等のノートタイプを利用していたユーザーの一部は、

iPadに切り替えたと言われます。

iPad

今後、iPadの性能が著しく向上する事により、

更にユーザーの一部がMacintoshから切り替える事態になったら、

その可能性も出てくるでしょう。

例えば、Macintoshはプロ使用の用途に絞り、一般向けはiPadがカバーする。

そんな未来も否定はできません。

 

第3の選択:全く新しいハードが、全てをかえてしまう。

・こちらについては、可能性は未知数です。

スマートフォンも20世紀の時点では、SFの中に登場する夢のような機械のようなものでした。

※これは、STARTREKシリーズに登場した端末、PADDの1つ

starterk padd

そう考えると、全てを塗り替えてしまうようなハードが誕生しないとは、言い切れないのです。

例えば、現在の技術の延長線上にない、全く新しい技術で動作するハードが生まれる事も

あるかもしれません。

かなり夢物語なお話しですから、私が生きている間に起こりえる可能性は少ないですね(

 

ちょっと最後は飛躍しすぎてしまいましたね。

さて、皆さんは、どう考えますか?

では、また。

コメントは利用できません。