ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その387 もうノートブックは必要ないのかも ~9.7インチiPad Pro登場株式会社K.S.D.

先日のAppleの発表会で紹介されたのは、

iPhone SEだけではありません。

中でも目を引いたのは、やはり9.7インチのiPad Proです

これにより、iPad Proは昨年11月に発売を開始した12.9インチとあわせ、

2つのディスプレイサイズを持つラインナップになります。

iPad Pro

今回発表された9.7インチモデルは、

上位の12.9インチモデル同様、

Smart KeyboardApple Pencilに対応し、

指先以外にも様々な操作方法が可能です。

iPad Pro

加えて、搭載するカメラは12メガピクセルの最新版、

4X動画の収録も可能と、上位モデルの12.9インチよりも

スペックが上になっている部分もあります。

 

今回のモデルを見ていて感じたのは、

iPadが、かつてアラン・ケイが提唱したパソコンの理想型である

ダイナブックに近づきつつあるように思えた事。

まるで、一冊の本のように、かつ誰もが自由に操れるコンピュータ。

ちょっと大げさかもしれませんね。

また、正式な発表はなされていませんが、

この9.7インチのiPad Proは、

iPad Airシリーズの後継モデルとなるようです。

 

私個人の見方としては、

12.9インチのiPad Proが登場した昨年の時点では、

iPadシリーズの上位機種としての位置づけとして考えていました。

しかし、今回エントリーモデルとして、

9.7インチのモデルを出してきたと言うことは、

ここでiPadを世代交代しようとしているようです。

 

時を同じくして、MacBookのAirシリーズにも、

縮小や変更の噂が出ていると聞きます。

Appleには、膨れあがりつつあるラインナップを

整理しようという動きがあるように思えてなりません。

 

では、また。

コメントは利用できません。