ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その373 iPhoneの偽Tipsにご注意を!株式会社K.S.D.

週末、iPhone界隈を騒がせたニュースがありました。

それは、あるひとつのバク。

 

そのバクとは、iPhone日付を1970年1月1日にしてから再起動すると、

Appleマークが出たままになる現象、いわゆるAppleループになって、

使用出来なくなるという現象です。

iPhone19700101

このバクが広く知られるようになったのは、

SNSなどで、今回のバクをiPhoneの動作を軽くするためのものとして

誤って?広まったのが、原因です。

その話を信じて試した人たちの被害報告が続発。

それがネットニュースで取り上げられて、周知のものとなりました。

 

皆さんもあると思いますが、

ネットやSNSで紹介されているTips、小技的なものってつい試したくなるものです。

上手くいったら儲けもの的な気持ちで、気軽におこなってしまいますね。

今回の騒動は、そんな心理につけ込んだものです。

 

しかし、このバグ。

最初は、Appleのサポートに持ち込まないと復帰はむずかしいと言われる程、

深刻なエラーと考えられていました。

しかし、有志の方の検証により、個人でも出来る対策が発見されています。


・バッテリーを外して、10秒ほど放置。

iPhone分解した経験のある方なら、一番手っ取り早い方法

でも、普通の方には、ちょっとハードルが高めですね。

 

・バッテリーを完全に使い切るまで待つ。

バッテリー外しの応用編がこちら。

これなら、初心者にも安心です。

ただ、気長に待たなきゃならないのが、辛いところ。

 

・DFUモードからの復元

iPhoneを初期化したのちに復元するのが、このDFUモード

ただ、検証時の復元の際に不安定な動作が見受けられたようなので、

お試しになる場合には、ご注意あれ。


今回のニュースで改めて気づかされるのは、

悪意を持って、深刻なトラブルを招く行為を、騙してTipsとして広めようとする人間もいれば、

逆に、善意から、バグからの回復を試みる人間もいるという、この世界の不可思議さです。

出来る事なら、自分は善意に溢れる世界であればよいなぁと思いますが。

 

では、また。

 

※ご注意:今回のバクについても、その復元方法についても、

敢えてお試しになる事は、オススメしません。

どうしてもという方は、自己責任にてお願い致します。

コメントは利用できません。