ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その371 恐怖!iPhoneのエラー53株式会社K.S.D.

これは、皆さんにも起こり得た事かもしれません。

 

例えば、こんな感じ。

おや、iPhoneのホームボタンの調子がおかしい。

出先だから、近くにApple Storeも携帯ショップもないし、弱ったなぁ。

おや、こんなところでiPhoneの修理をやっているから、直してもらおう。

良かったぁ、おかげで助かったぁ。

そして、後日。iPhoneで、Touch IDが使えなくなる。

まずは、iTunesに繋いでみよう。すると、エラー53の表示。

エラー53

その後、iPhoneが操作を受け付けない!復元もアップデートもできない!

iPhoneリカバリーモード

Apple Storeに持ち込むと、iPhone本体の交換でしか対応出来ないって。

データのバックアップもしていないし、代金が4万円以上もする!

一体、どうして、こんな事になったんだろう・・・。

 

このエラー53とは、iPhoneTouch IDが原因なんです

Touch IDは、指紋という重要な個人情報を扱うというセキュリティの問題から

CPUとペアリングをおこなっています。

※参照:Apple – Secure Enclave(英文)

このペアリングが正しくなされていないと判断されると、

iPhone不正にシステムに侵入される恐れありと判断し、

以降のアクセスを受け付けなくなるのです。

こうなると、Appleでも、そのエラーを解除する手立てはないんです。

※参照:Appleサポート – エラー 53 が表示される場合や、iPhone または iPad をアップデートまたは復元できない場合

確かに、ユーザー情報の管理には、人一倍厳しいAppleらしい、

徹底した厳重な管理方法ではあります。

それ自体はとても安心して使用できる意味で重要な事といえ、

もう少々落としどころはなかったものでしょうか。

せめて、前もって何らかのアナウンスによって、

もっと周知していても良かったのかもしれません。

iPhoneTouch ID

今のところ、私たちに出来る事は、

Touch IDをもったホームボタンの交換は、

Appleの正規代理店に任せるしかないようです。

 

では、また。

 

 

コメントは利用できません。