ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その370 タブレット市場でiPad Pro善戦、MS Surfaceに対抗株式会社K.S.D.

先日のブログでもご紹介したAppleの決算発表でも判るように、

iPadをはじめとするタブレット市場は、このところあまり冴えません。

ここ数年、売上は徐々に右肩下がりを続け、発売当初の勢いは見られなくなりました。

 

リサーチ会社IDCが発表した、

2015年10月から12月までのタブレットの出荷台数をまとめたレポート、

IDC Worldwide Quarterly Tablet Trackerによると、

この時期における出荷数は6590万台。

前年同期比でみると13.7%減となりました。

 

市場のシェア率で見ると、トップはやはりApple

24.5%をマークし、販売されたタブレットの4台に1台がiPadシリーズでした。

中でも今回目立っていたのは、やはり、iPad Proです。

iPad Pro

レポートの集計期間内で200万台を売り上げ、

MS Surfaceの全モデルを合計した販売数160万台を凌ぐ勢いを見せました。

Surfaceも結構売れている印象があったのですが、

それ以上とは恐れ入りました。

Surface Pro

IDCのレポートでは、この他にも興味深い部分がありました。

ひとつ目は、タブレットの主流が、

脱着可能なキーボードがあるモデルになりつつある事。

こうしたタイプのモデルだけで集計すると、

昨年同時期の実に2倍の売上をあげているのです。

iPad Pro

もうひとつは、タブレットのユーザーの傾向が、

より本体の性能を重視する傾向がある事。

実例となったのは、MS Surface。

このモデルで好調な売上げを見せたのは、

廉価版のSurface3ではなく、高性能なSurface Proだったといいます。

 

こうした事からも、今後のタブレットは

よりノートブックの領域に近づいてゆく事になるようです。

そのうち、外資系資本のカフェで見かけるのは、

ノートブックじゃなく、キーボード付きのタブレットになるかもしれませんね。

 

では、また。

コメントは利用できません。