ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その367 注目の決算はどうだった?~Apple決算発表~株式会社K.S.D.

アメリカ時間1月26日(日本時間27日)、

Apple2016年第1四半期の決算を発表しました。

 

対象となる期間は、昨年2015年9月から12月までにあたり、

中でも、9月に発売されたiPhone6s&6s plus売上の推移に、

注目が集まっていました。

果たして、どんな決算内容だったのでしょうか。

その内容を見てゆきましょう。


その1:四半期ベースとして、過去最高の業績を計上

2016年第1四半期の売上高は759億ドル、純利益は184億ドル。

いずれも過去最高。但し、昨年の同期をやや上回る結果に留まりました。

(昨年同期は、売上高が746億ドル、純利益が180億ドル)

 

その2:iPhone、Apple TV共に、過去最大の販売台数

Appleが公表しているiPhoneの販売台数は7,480万台

過去最大の販売台数をマーク。

(ちなみに。それまでの最高販売台数は、2015年第1四半期の7447万台)

iPhone6s

その3:全世界で使用されているAppleの端末たちの台数が合計10億台

・過去90日間におけるAppleのサービスを利用したユーザーのデータを元に

割り出されたのは、現在全世界で使用されているApple社製の端末の総数。

iPhoneiPadiPod touchMacApple TVApple Watch、

すべて合わせたその数は、約10億台に達したとの事。

MacBook Air

その4:中国での販売は好調。しかし、アメリカや日本では不調

中国市場では、景気低迷や為替レートの変動の中、

前年比14%の成長を遂げ、まだまだ順調ぶりをアピール

しかし、本国アメリカでは-4%、日本では-12%と減速傾向が浮き彫りにも。

 

その5:下げ止まらない、iPad販売台数

減速傾向が伝えられるiPad。前年比-21%と冴えない数字。

新商品iPad Pro投入も、効果は少なかったようです。

iPhone等とは違い、買い換えのサイクルが長期間になっているのが

災いしているのかもしれません。

iPad Pro

その6:CEOティム・クック自ら、次の四半期の減益について言及

今まで経験しなかったような世界経済の劇的な動きによって、

Appleの成長が影響を受けるかもしれないと、ティム・クック自身が

決算発表のカンファレンスコールで語っています。

アップル現CEOティム・クック

・今までこのような弱気の発言をした事のないティム・クックでしたから、

今回の発言は衝撃的でした。

Appleにとって、最重要な市場である中国市場がやや乱れつつある昨今をみると、

確かに、次の四半期決算での影響が懸念されます。


今回の決算発表の要点をかいつまんでご紹介してきました。

これらを見てゆくと、Appleが転換期を迎えつつある事が判ります

 

ただ、今回の決算発表の数値だけで、Appleの行く末を判断するのは、危険です。

確かにApple、特にiPhoneの減速傾向を大きく伝えるメディアも多いようです。

しかし、他のスマートフォンメーカーも同様に減速しつつある事は、

忘れてはならないでしょう。

これは、スマートフォン市場が成熟期を迎えつつある事や、

世界的な景気の動きによってもたらされており、

Appleだけが落ち込んでいるわけではないからです。

 

では、また。

参照:Appleプレスリリース – Apple、過去最高の第1四半期業績を発表

Apple Financial Results Conference Call – Q1 2016

 

 

コメントは利用できません。