ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その364 スイスの高級時計メーカーがApple Watchをパクリ?株式会社K.S.D.

似せてきたなぁ。

今回ご紹介するのは、こちらの時計。

Swiss Alp Watch

え?Apple Watchのパクリ商品の紹介?

いえいえ、そんな事はありません。

これは、スイスの老舗高級時計メーカー、H. Moser & Cie

手がけたニューラインナップです。

その名は、Swiss Alp Watch

 

ムーブメントは、磨き上げられたスイスの職人達の技術による機械式

100時間も動き続けるパワーリザーブ

背面はスケルトンになっており、ご覧の通り、とても美しい作り。

Swiss Alp Watch

そのボディは、18Kホワイトゴールドを使用した、

本格的なものです。

限定50点のみの生産で、お値段はなんと2万4千900ドル

日本円にすると、およそ300万円のシロモノです。

 

これは単なる冗談の域を超えています。

でも一体どうして、老舗高級時計メーカーが、

このようなApple Watchに真っ向勝負を挑む商品を

出してきたのでしょう。

 

それは、急成長を告げるスマートウォッチに対して、

無策に時を過ぎるのをただ静観している、

自国の時計メーカーへの熱い思いがありました。

 

その熱い魂は、Swiss Alp Watchのニュースリリースに込められています。

これは、闘いなのだと。

押し寄せてくるテクノロジーに対して、

培ってきた伝統と高い品質を武器に、

革新的で創造的な商品を作り続けて行くこと。

それが、スイスの時計メーカーに残された道であると言うのです。

 

リリースはさらに続きます。

このSwiss Alp Watchは、

スマートウォッチが可能にした様々な機能はないけれど、

人生において大切な事を再発見させてくれると。

大切な相手との感動を分かち合えると。

 

そして、こう締めくくられています。

最も大切なのは、アップデート等をする必要もなく

自分の子供達に引き継げる事なのだと。

 

やはり、数世代によって受け継がれてきた、

時計メーカーだからこその想いが伝わってきますね。

 

最後に、Swiss Alp WatchのPVをどうぞ。

Apple Watchへの皮肉混じりなところがたまりません。

では、また。

 

コメントは利用できません。