ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その359 iPhoneが露出計&カラーメーターに早変わり~Lumu Power~株式会社K.S.D.

写真を撮る。

iPhoneをはじめ、最近のスマートフォンのカメラ機能の性能アップは著しく、

ちょっとしたスナップ撮影なら、デジタルカメラの代わりになるほどです。

しかし本格的な撮影となると、

やはりプロが撮影する一眼レフのカメラには敵いません。

 

カメラ本体の性能が違うのはもちろんですが、

美しい映像に仕上げるのは、やはりオートに頼り切りというわけにはいきません。

露出光温度をしっかり計測して、然るべき設定で撮影する。

だからこそ、オート設定には出せない味わいがでるのです。

露出計

この露出光温度を測るのが、

露出計カラーメーターと呼ばれるツール。

露出計は、光の強さを測るもの。

露出計

そして、カラーメーターは、光の色温度を測ります。

カラーメーター

この数値を知る事で、撮影の際に必要となるベストなISO値や絞り、

シャッタースピードにホワイトバランスが分かるのです。

 

これだけの事ができるこの2つのツール。

やはりお値段もお高くなってしまいます。

露出計ならで3万円前後から、カラーメーターは10万円以上!

なかなか手を出せるものではありません。

 

今回ご紹介する、Lumu Powerは、

iPhone専用の露出計&カラーメーターです。

Lumu Power

センサー部分をiPhoneと接続し、

計測した数値の表示をiPhoneに任せる事で、

個人でも購入しやすくしました。

Lumu Power

露出計とカラーメーターは、センサーの向きで切り替えます。

表を向いているセンサーの機能が働くようになっています。

面倒なスイッチ切り替えをする必要がありません。

Lumu Power

また、計測した数値は、iPhoneにメモリーされて呼び出しも可能。

使いやすさも充分に考えられているんですね。

 

ちなみにお値段は、149ユーロ(約2万円)。

これなら、写真撮影ビギナーな方にも、手が出せる金額でしょ。

今までの写真撮影に物足りなさを感じていたあなた。

今年のお年玉の使い道は、決まりですね。

 

では、また。

コメントは利用できません。