ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その343 ちょっと微妙?!な感じのApple純正iPhone6s用バッテリーケース | 株式会社K.S.D.

皆さんは、ご自身のスマートフォンをケースなどで保護されていますか?

人それぞれお考えはあるでしょうが、

自分はそそっかしいので、つい落としてしまう事があるので、

保護ケースフィルター必需品

だって、ディスプレイや本体が傷だらけになるのは、悲しいですものね。

ただ、せっかくのiPhoneのカラーやデザインを隠してしまわないように、

スケルトンタイプを選ぶようにしています。

 

さて、今回ご紹介する保護ケースは、Apple純正品です

おやっ、既に純正の保護ケースって既にあったのでは?

iPhone6sシリコーンケース

鋭いっ!その通りです。

 

しかし今回のケースは、ひと味違いますよ。

なんと、バッテリー内蔵タイプ

それが、iPhone 6s Smart Battery Caseです。

iPhone6s SmartBatteryCase

センターに輝くAppleマーク純正品の証しです。

このケースは、以前から販売していたシリコーンケースに、

バッテリーを内蔵させたタイプです。

 

このケースを装着する事で、使用時間が今までの1.8倍に伸ばせます。

つまり、iPhone6sをほぼ丸1日充電せずに使用できるのです。

こいつは頼もしい。

さらに、ロック画面上や通知センターにバッテリー状態が表示されるという

気の配りようがニクイっ!さすがは純正の強み!

 

ま、ちょっと残念だなぁと思うのは、ぷっくり膨らんだバッテリー部分。

もうちょっと何とかならなかったかなぁと思います。

なんか絆創膏みたいに見えるでしょ。

と思っていたら、こんなコラがありました。

https://twitter.com/bbsody/status/674206073616756738/photo/1?ref_src=twsrc^tfw

考える事は皆同じだったようです。

 

では、また。

 

おまけ:最近流行の手帳型のスマートフォンケース。

落下に強いように思えますが、実は違います。

中にケースがついていて、ちゃんと保護しているものなら大丈夫ですが、

本体がむき出しになっているのは、オススメしません。

ちょうど背になっている部分は保護されているのでOKですが、

それ以外の部分はむき出しになっているので、

結局、本体を直に落とすのと変わらないんです。

購入の際にはご注意を。

コメントは利用できません。