ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その341 鬼も大笑い?年末のiPhoneは噂で持ちきり株式会社K.S.D.

今年も12月を迎え、徐々に慌ただしさを増してきました。

いつもなら、秋に発売された新しいiPhoneの話で持ちきりのはずの

Appleまわりですが、今年はちょっと様子が違うようです。

 

それは、もう次に発売されるであろう新しいiPhoneについての話題が、

立て続けに明らかになっている事。

まだiPhone6sが発売されてから、まださほど時間も経っていないのに、

一体どうしたんでしょう。

噂されるように、iPhoneの発売時期が早まる兆候なのでしょうか?

 

それでは、まとめて見てゆきましょう。


1, 4インチのコンパクトiPhone、来年2016年初頭に発売される。

今一番注目されているiPhoneは、こいつなのかも。

このブログでもご紹介しているように、根強い人気を持つ4インチのコンパクトなiPhone

iPhone5s

今このポジションは、2世代前の5sのため、スペック的に見劣りが否めません。

こいつを新しいスペックで生まれ変わらせようというのです。

更に5cの反省を生かし、ボディも金属製にして安っぽく見えないようにするんですって。

早ければ、来年2016年の第1四半期には、お目見えするかもしれませんよ。


2.次期モデルiPhone7は、機能や性能が大きくレベルアップ。

iPhone4以降、Appleは2年に1度、大きなモデルチェンジiPhoneに施してきました。

来年2016年に発売されるであろうiPhone7は、そのタイミングにあたります、

噂では、既に5バージョンの試作機が準備され、開発が進められているといわれます。

iPhoneDualCamera

今回、新たに搭載が予想されているのは、

ワイヤレスで充電ができる技術機能を向上させたForce Touchデュアルカメラ等々。

おそらく、それ以外にも隠し球を用意していそうです。

これは期待できそうですよ。


3.次次世代のiPhone8で、ディスプレイが液晶から有機ELになる。

アップルのサプライヤーとしても知られるジャパンディスプレイが、

2018年にスマートフォン向けの有機ELディスプレイの量産体制に入る事が

大きく報じられました。

つまり、大口顧客のひとつと思われるAppleも、

ディスプレイに有機ELを採用する動きがあると考えられています。

有機EL

※参照:こんな事も可能な有機EL

2018年の時点なら、iPhoneは7→7s→8となっていると考えられ、

このような予想がされているのでしょう。

ま、あまりに先の事ですから、まだどうなるかはわかりませんが。

かつてのサファイアガラスの一件のようにならないとは限りませんし。


 

さて、いかがだったでしょうか。

まだ年越しを迎える前から、来年の話題に事欠かないAppleiPhone

その動きには目が離せそうもありません。

 

では、また。

コメントは利用できません。