ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その340 Androidユーザーが、iPhone6s&6s plusの売上を押し上げる?株式会社K.S.D.

あなたがいま使っているスマートフォンはなんですか?

iPhone?それともAndroidでしょうか?

はたまた、Windows Phoneという方もおられるかも。

 

今や、携帯電話と言えばスマートフォンのこと。

ガラケーを使っているのは少数派になりました。

だから、買い替えの時もスマートフォン同士が当たり前。

今年発売されたiPhone6s&6s plusの好調な売り上げの一部も、

多くのAndroidユーザーの買い換えよるものなのです。

Android

調査会社 Consumer Intelligence Research Partners (以下CIRP)の調べによると、

iPhone6s&6s plusの販売開始から4週間後におけるユーザー数のうち

Androidユーザーからの買い換え組の占めた割合は、実に26%

過去の調査結果中でも最大となりました。

iPhone6s

ちなみに、iPhone6&6plusの場合は12%。iPhone5sは23%でした。

ちょっと気になるのは、昨年のiPhone6&6plusの割合が低い事。

CIRPによると、買い換えユーザーの数が少ないのではなく、

iPhoneユーザーが買い換えた数が多く、全体数が増えているため、

割合として低く見えているのだと言います。

それだけ、昨年のiPhone6&6plusは、既存のユーザーにも魅力的なものだったんですね。

 

このデータを裏づけるように、CEO ティム・クックも、

10月の決算発表にて、iPhone購入者の約30%が、

Androidからの買い換えであったと発表しています。

 

しかし、iPhoneへの買い換えがあるという事は、

もちろんその逆もあるわけです。

今後、ユーザー数の頭打ちが予想されるスマートフォン市場は、

お互いのユーザーの熾烈な奪い合いになってくるのでしょう。

 

では、また。

コメントは利用できません。