ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その34 Appleとキャノン販売 ~ゼロワンショップ、Dynamacの思い出 | 株式会社K.S.D.ゼロワンショップ

古くからのAppleユーザーなら聞き覚えがあると思います。

カメラでおなじみのキャノンの子会社、キャノン販売(当時)が手がけていたショップです。

 

※これは、ゼロワンショップのCM。

これまた懐かしい、マックスヘッドルームがキャラクターを務めていました。

おぉ! でも、今見るとなんだかごこちないなぁ。

 CGキャラクターも、今では当たり前ですが、この当時は画期的!だったんです。

 

キャノン販売とAppleの関係は深く、AppleII の時代までさかのぼります。

その後、正規代理店となり、そのアンテナショップとなるゼロワンショップを通じて、

Macintoshも取り扱われていたのです。

ゼロワンショップでは、ちょっとしたセミナーや体験講座が行われたりしておりました。

全国、中でもオフィス街において、店舗を展開していましたから、

ここで初めてApple製品に触れた方も多いことでしょう。

自分もそのひとりです。

 

その後、販売チャネルの多様化とともに、

ゼロワンショップは2000年代初頭にその役目を終え、

その姿を消すこととなりました。

 

キャノン販売は、Appleの歴史の中で驚くべき事を成し遂げています

それは、Dynamacの販売です。

他社にマザーボードをいじらせた事のない、Appleが唯一許したものでした。

初期のMacintoshにはない日本語環境を実現する為に、

マザーボードに漢字ROMを取り付け、IMとしてEG Bridgeをバンドルしていました。

※当時の新聞広告です。

DynaMac_08s

それでも、JIS第一基準の漢字を表現するのが精一杯でした。

 

このDynamac、

Macintoshの日本語環境である漢字Talk1.0が開発されるまでの、

1、2年間というわずかな期間だけしか発売されておりません。

それ故、残念な事に、あまりにレアな機種であり

自分は実際に稼働している筐体を見たことがありません。

できたら、一度見てみたいなぁ。

 

では、また。

コメントは利用できません。