ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その335 Appleの次なる目標は、インド攻略?株式会社K.S.D.

業績絶好調のApple

その業績を支えているのがiPhoneなのは、

皆さんもよくご存じの通りでしょう。

iPhone6s

そして、そのiPhoneの売り上げをグイグイと押し上げているのは、

中国での爆発的とも言える程のセールスなんです。

CEOのティムクック自ら、中国市場は重要であると公言しているほど、

Appleにとって欠かせない市場となっています。

あくまでも噂のレベルですが、Apple WatchEditionモデルは、

中国向けに用意されたとも言われているんです。

Apple Watch Edition

そんなAppleにも、まだ攻略出来ていない国があります。

中国もその名を連ねているBRICSの中の1つ、インドです。

 

スマートフォンの出荷台数が前年比2割増という

急激な伸びを見せているインド市場

ライバル達が着々と売上を伸ばしてゆく中で、

Appleのシェアはなんと1%以下という状況なのです。

 

理由は明白です。

iPhoneが高すぎるから。

 

インドの平均的な収入は、月2万円程。

なのに、iPhone6 16GBでさえ10万円以上と言う現状では、

なかなか手が出せるものではありません。

事実、インドで売れているのは2万円以下のモデルなのですから。

 

Appleもこうした現状を黙って見過ごしている訳ではありません。

来年2016年中には、インドで初めてのApple Store をオープンさせるほか、

生産拠点をインドに設けるべく動いているようです。

欧米とは違う商習慣が存在するために、

今まで手をこまねいていた感のある、Appleの対インド市場戦略

今後大きな動きをみせてゆく事になりそうです。

 

では、また。

コメントは利用できません。