ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その336 すごいっ!まじジュラルミンが誕生するなんて!株式会社K.S.D.

クールジャパンの代名詞、日本のコミック

幅広い世代に支持され、老若男女が楽しんでおり、

他の国では見られない程の広がりがあるのはご存じでしょう。

近頃では、様々な分野とのコラボレーションもされています。

皆さんもどこかでご覧になった事もあるはずですね。

 

と、まあ前置きはこの辺にして。

あらかじめお断りしておきたいのは、

今日は私の趣味全開でお届けするブログです。

どうかお許しください。

 

さて、ご紹介するのは、このテディベア

名前は、小岩井ジュラルミン

この名前を聞いて、ニヤッとしたあなた。正解です。

この子は、よつばとに登場する、あのジュラルミン

再現したものなんですよ。

小岩井ジュラルミン

分からない方に簡単に、よつばとの説明をしておきましょう。

作者は、あずまきよひこさん。

柔らかいタッチの絵柄と、ほのぼのとした中に

どこかしらシュールさを感じさせるストーリーが持ち味の漫画家さんです

 

主人公は、女の子、小岩井よつば 5歳

よつばと

よつばとは、よつばとそのまわりの人が織りなす日常がテーマ。

こどもだけが持つ毎日が新鮮な驚きに満ちている感覚が

コメディタッチに描かれています。

 

もし、よかったら、一度読んでみてくださいね。

子供向けのように見えて、大人もうならせるようなところがあって、

ハッとしてしまいます。

 

話を戻しましょう。

このテディベア 、そんじょそこらのテディベアとは訳が違います。

なんと、テディベアの本家本元の1つ、ドイツ シュタイフ社のもの。

職人がひとつひとつ手縫いをする本格的なテディベアなんです。

 

原作者あずま先生の設定画を元に、

忠実に再現された小岩井ジュラルミン。

小岩井ジュラルミン

さらに、おなかにグロウラーが内蔵されているので、

コミック同様に、めぇ~と鳴く感涙仕様になっています。

 

お値段は、4万2千円とお高めかもしれませんが、

ぜひともお家にお招きしたいっ!

発売は明日12月1日から。

数量限定なので、こちらからお早めに。

 

では、また。

 

※ちなみに、このテディベアの名前が

小岩井ジュラルミンなのは、原作を読んで確認してみてください。

 

参照:Steiff×よつばと! 公式ページ

 

コメントは利用できません。