ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その33 WWDC2014のおさらい | 株式会社K.S.D.WWDC2014のkeynoteから、2週間経ちました。

今回のkeynoteについて、数多くのサイトで、様々な分析や批評がなされているようです。

そこで、私もWWDC2014のおさらいをしてみようかと思います。

 

今回のkeynoteを振り返って、私が強く感じた事があります。

それは、いよいよAppleがティム・クック体制に移りつつあるという印象です。

スティーブ・ジョブズが亡くなってから、既に3年弱

彼が残したとされる、これからのAppleを思い描いたロードマップも

そろそろネタ切れかもしれません。

 

ティム・クックは、Apple入社後、販売部門を担当してきており、

堅実で、実務的な考え方をする人だと言われています。

tim_cook

今回、keynoteの中心となった、iOS8におけるデータのサードパーティへの

オープン化は、そんな彼の考え方の表れではないかと思えます。

iOS8

スマートフォン市場も成熟期を迎え、これまでのように目新しさだけでは勝負できなくなっています。

今後は、ユーザーのかゆいところに手が届くようなニッチのサービスを

より充実させていかなくてはならないでしょう。

その為には、Apple単独で進めていく事は難しく、

多くのサードパーティとの協調が求められます

swiftl_rogo

だからこそ、この時点で新しい開発環境 swift を用意し、

iOSを多くの開発者にアピールしたのは、とても理にかなったやり方と言えます。

 

一人のカリスマがリードする時代から、チーム全体で開発をすすめてゆく。

これからのAppleは、よりティム・クック色を強めていくのではないでしょうか。

 

それでは、また。

コメントは利用できません。