ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その329 続報!iPhone6sにチップの当たり外れは存在しなかった!株式会社K.S.D.

先日のブログでお伝えしていた、iPhone6sシリーズは、

A9チップの製造メーカー(SamsungとTSMC)による性能差によって、

バッテリーの消費が異なるようだというニュース

SamsungTSMC

iPhoneユーザーだけではなく、スマートフォンユーザーにとって

大きな関心を集めておりました。

 

その後も騒ぎは収まらず、様々なニュースが飛び交い

喧々囂々としておりましたが、どうやら結論が出たようです。

さて、どんな結論に行きついたのでしょうか?

 

アメリカの商品テストで定評のあるConshumer Reportsの報告によると、

Appleが発表していたように、

2社のチップの性能差による、バッテリー消費の違い認められませんでした

※Consumer Reports – Battery Tests Find No iPhone 6s Chipgate Problems.

今回行われたテストでは、SamsungTSMC

両社製のA9チップを搭載したiPhone6sに、

通常使用を想定したテストを行い、バッテリー消費が測定されました。

iPhone Chip Gate

例えば、こんなテストが行われました。


 ・テスト1:連続でのモバイル通信

外部からの電磁波を全て遮断する部屋にて、

擬似的にモバイル通信を再現させ、常時通信させ続けるテスト。

両社とも5時間連続で通信が出来、その差も2%に収まっていました。

 

・テスト2:音楽をかけ続けた状態にして、Webサイトを見続ける。

テスト結果は、両社とも11時間連続で動作。その差は、1%弱。


 皆さんは、この結果をどう見ますか?

やはり、A9チップによる明らかに分かる性能差はないと見るべきでしょう。

もちろん、使用環境はユーザーの方によって異なりますし、

ハードな環境では必ずしもこうなるとは限りませんが。

 

今回、ちょっと過剰に反応してしまった自分が、恥ずかしい限りです。

では、また。

コメントは利用できません。