ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その325 撮影後にピント修正?できる、デジタルカメラ登場!株式会社K.S.D.

皆さん、この穴だらけのもの、何だかわかりますか?

Light L16

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、

これは、デジタルカメラ Light L16です。

 

ところ狭しと並んでいる穴のようなものは、実は全部カメラ

でも、どうしてこんなにたくさんのカメラが搭載されているのでしょう。

理由は、このサイズで高画質を実現する為なんです。

 Light L16

搭載されたカメラは、全部で16個。

それぞれ違う焦点距離が設定されています。

撮影時のズームに合わせて、同時に10個のカメラで撮影を行います。

その撮影データを合成する事で、

最大5200万画素&焦点距離35~100mmという

このサイズとしては驚異の性能を誇ります。

Light L16

さらに驚くべき機能は、

撮影後にピントの位置を修正する事が出来る事!

そのからくりは、先に説明しております通り、

異なる焦点距離による撮影データを合成しているから。

 

おおっ。このカメラいいなぁ。

どこで売ってるの?と思われた方もおられる事でしょう。

残念ながら、販売はアメリカで来年2016年晩夏予定なんです。

お値段も1台1699ドル、日本円にして約20万4千円(1ドル=120円換算)と、

ちょっとお高めだったりします。

確かに、カメラ16台分の価格と、データ合成のプログラミング代は、

伊達ではありません。

 

それを差し置いても、このLight L16は、

今までの撮影の概念を変えてしまいかねないカメラといえます。

撮影者の力量に頼る事なく、手軽に高画質な撮影を行う事ができ、

さらに、今まで不可能だったピントの位置さえも、後から修正可能なのです。

 

今はまだ高価なものですが、今後の開発によって、

もっと安価なモデルが登場してくる事を期待しましょう。

そうしたら、カメラ撮影がもっと楽しくなりますね。

では、また。

コメントは利用できません。