ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その321 Appleが考える、ネット上の個人情報の取り扱いとは?株式会社K.S.D.

AppleGoogle

スマートフォンでは、iOSAndroidで競い合うライバル関係にあります。

 iOS9Android

さて、皆さんはスマートフォンの世界を牽引するこの2社の事を、

どうお考えになられていますか?

色々なお考えがお有りかと思います。

 

その考え方はまるで違います。

例えば、その生い立ち。

AppleAppleIIに始まり、MacintoshiPodiPhoneiPadと、

人々に便利で使いやすいハードウェアをとの考え方をベースに、

多くのハードウェアやサービスを開発し、提供してきました。

一方、Googleネット検索サービスがその基本にあります。

ユーザーが求める最適な情報を検索にて提供するという考え方です。

そこに様々なサービスを提供しているというスタンスを取っています。

 

この違い故に、両社には相容れない部分を生んでいます。

AppleCEOティム・クックが、NPRのインタビューに答えた内容が

それを如実に表しています。

このインタビューの中で、クックは、

プライバシーは人が持つ基本的人権であるとし、

ユーザーのデータは商品でなく、それを収集してビジネスにする事はない、

と明言しています。

※参照:NPR – Apple CEO Tim Cook: ‘Privacy Is A Fundamental Human Right’

さらに、Appleのサイトにおいて、

プライバシーの取り組みについて、特設ページにて説明をしています。

Appleは、ユーザーとの信頼のため、ユーザーのプライバシーを尊重し、それを保護してゆくと。

※参照 Apple – あなたのプラバシーに関するAppleの取り組みについて。Tim Cookからのメッセージ。

これは、ユーザーの利用履歴を集め検索結果に生かすと同時に、

そのデータを広告として運用しているGoogleに向けて

Appleが発信する強いアンチテーゼです

 

このように、ネットにおけるプライバシー、個人情報のあり方について、

AppleとGoogleでは、全く正反対の考えを持っています。

どちらにとっても、正しい面とそうではない面があるでしょう。

どこで折り合いをつけてゆくかは、

これからの私たちの課題なのかもしれません。

 

では、また。

コメントは利用できません。