ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その320 Appleの新商品の名前が、なかなか公にならない理由株式会社K.S.D.

皆さん、疑問に思った事ありませんか?

Appleの新しい商品の名前って、どうして中々リークされないのかなと。

 

例えば、Apple Watch

2014年のスペシャルイベントで発表されるまでiWatchと呼ばれており、

Apple Watchと言いあてた人はいませんでした。

中身のハードの噂はちょこちょこと漏れてくるのに、その違いはどこにあるのでしょう。

Apple Watch

これは、アメリカの商標登録の仕組みに秘密があるのです。

国内での商標に先駆けて6ヶ月前までに、海外で登録を済ませておくと、

登録商標の開始日は海外での登録日が優先されるという法律

利用しているからなのです。

 

商標登録は先願が基本です。

登録希望者は、既に登録されていないかを

データベース検索にて調べる事ができます。

ですから、アメリカ国内で商標登録を済ませてしまうと、

登録した事実が知られてしまいます。

その裏技が、海外で先に商標登録を済ませておくやり方なのです。

 

それ故、出願した事が公開されない国、例えば、

ジャマイカやトンガ、トリニダードトバコ等の第3国にて

秘かに商標登録を行い、来るべき日に備えるのです。

 

これなら、確かに外部には漏れませんね。

関わっている人間は、ごく一部の内部のスタッフと、

法律関係の人間だけですから。

ハードの場合、開発から生産、発送、店舗まで、

携わる人間が多い為、どうしても情報が漏れてしまう事は否めません。

 

ちなみに、こうした海外での商標登録を先行させるやり方は、

Appleだけではありません。ライバルのGoogleも同様です。

多くの企業で用いられている手法なのです。

google

名前ひとつに大げさなと思うかもしれませんが、

新商品の名前が漏れてしまう事で、

ニュースになり、株価を左右しかねない事を考えると、

当然のことかもしれませんね。

 

では、また。

※参照:ALT LEGAL – Tongan Shell Game: How Apple and Google File Trademarks in Secret.

コメントは利用できません。