ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その311 iPhone6s!の気になる点まとめ株式会社K.S.D.

先週末12日土曜より始まったiPhone6s予約受付

既に、申し込まれた方もおられるでしょう。

現在、全モデルとも予約完了になっており、入荷待ちの状態になっています。

皆さんは、予約できましたか?

 iPhone6s

さて、今回登場するiPhone6s

見た目こそあまり変化がないようですが、実は大きな変化を遂げています。

では、ひとつずつ見ていきましょう。


 その1.外見

今回は、デザインそのものには変更はありません。

しかし、いろいろと見直されている点があります。

新色 ローズゴールドの登場。

本体は、7000番台のアルミニウムを使用し、強度をアップ

・ディスプレイ用のガラスもより強度の高いものが採用され、割れづらく。

iPhone6s

昨年iPhone6が登場した際、

簡単に曲がるとうわさされた事が、トラウマなのでしょうか。

強度の強化に並々ならぬ配慮がなされていますね。


その2.3D Touch

・iPhone6s最大の注目ポイント3D Touch

実機を触っていないので使い心地が分かりませんが、

公開されているムービーを見る限り、

iPhoneの操作が、さらにサクサクになりそうです。

・Apple WatchMacBookで採用され定評のある、

Taptic Engineによるタッチした指先への反応やアクション

6sではどう表現されているか、早く触ってみたいです。


 その3.カメラ機能

今やスマートフォンには欠かせない機能のひとつ、カメラ機能。

もちろん、iPhoneでも重要なポイントの1つです。

6sでは、通常のカメラの画素を1200万画素に引き上げたのに加え、

今まで画素の粗さが目立っていたユーザー側のカメラも500万画素になり、

画質がグンと向上しています。

iPhone6sカメラ

・さらに、ムービーの撮影では4K撮影が可能になり、

高画質のムービーが楽しめるようになりました。

ただ、その分ファイルサイズはとんでもなく大きくなるので、

撮影の際はご注意を。


 その4.その他

・メモリ食いのAndroidと比べ、メモリを無駄遣いしないと言われるiOS

それゆえに搭載するメモリが少ないと言われるiPhoneですが、

iPhone6sでは、そのメモリが2GBになったらしいと言われています。

・また、今回、多くの機能アップを果たしたにも関わらず、

重量アップは10g程に抑えられています。

その分は、動作を見直し無駄な動きを抑えた、

新しいiOS9によるバッテリー消費を減らす事で実現した、

バッテリーの軽量化に帰するところが大きいでしょう。


このように、様々な部分を見直した、iPhone6s

もうマイナーチェンジとは言えない程、新しいモデルになっている事が

お分かり頂けると思います。

 

とにかく、早く実機が見てみたいですね。

とりあえずは、発売日の25日まで我慢です。

では、また。

コメントは利用できません。