ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その307 え、もうすぐ発表間近のiPhone6sに挑戦状?株式会社K.S.D.

新しいiPhoneとされるiPhone6sの発表が近づく中、

ニューヨークのタイムズスクエアに驚くようなメッセージが登場しました。

6a Marketing

お願いだから、iPhone7になりませんか?

こんな時期に、なんて挑戦的なメッセージを出すんだろうと

いぶかしむ方もおられるかもしれません。

もしかして、Appleにいちゃもんをつけて、

何かしらの金銭をむしり取ってやろうという方達なのでしょうか?

 

いいえ、違うんです。

このメッセージを出した会社の名前は、6s Marketing

そうなんてす。6sにかけた自社の宣伝だったのです

この6sMarketing、このタイムズスクエアでの宣伝だけではなく、

アドカーも用意して、街中を走らせています。

 

もちろん、ニューヨーク5番街のApple Storeの前にも出動しています。

この時のメッセージは、

親愛なるAppleさんへ iPhone7にして頂けませんか

6a Marketing002

世界中で知られるブランドの名前と

自社の会社の名前が一緒になるなんて、

こんな千載一遇のチャンス、誰だって逃したくありませんよね。

これは会社の名前を知らしめる良いネタになりますもの。

 

そして、発表間近のタイミングでの展開。

iPhone6sがらみのネタは注目度が高くなりますから

色々なメディアで取り上げて貰えますしね。

ちなみにこの社名、6s MarketingのCEO Chris Breikssによると、

幼い時に父とドライブしていた時、

前の車のナンバーが「SSS SSS」だった事から思いついたと言います。

決め手は、「6s(six-esses)が、success(成功)に聞こえるから」なんですって。

 

さて、この試み。

文字通り、成功となりますか、否か。

 

では、また。

 

※参照:6s Marketing blog – Dear Apple, please call it the iPhone 7. #WeAre6S

コメントは利用できません。