ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その3 PowerPCへの切り替え MacのCPUの変遷 | 株式会社K.S.D.こんにちは。本日も、Appleについて振り返って参りましょう。

さて、前回お話致しました通り、Macintosh発売後のAppleは、波乱の時代に入ります。

Macintoshの販売不振、自分が招き入れたジョン・スカリーによるスティーブ・ジョブズの解任等々。

迷走する経営陣の為、Appleはかつての輝きを失いつつありました。

 

そんな中において、誕生したのがPowerPCを搭載したモデル、

PowerMacintoshシリーズです。

PowerPCは、それまでのCPUを供給していたモトローラIBM、Appleの3社が

共同して開発したCPUで、将来的に幅広いマシンへの導入を目論んでおりました。

その先駆けとなったのが、このPowerMacintoshシリーズでした。

それは、新生Appleを印象づけようとしていたのかもしれません。

 

Appleの歴史の中で、特筆すべき事柄の1つに、CPUの切り替えの多さがあります。

初期は、モトローラ。その次は、PowerPC。そして、現在まで続くインテルです。

いろんな思惑が絡んでいるとはいえ、この切り替えは、多すぎですよね。

ただ、インテルを採用した副産物として、Windowsを起動できる環境 boot camp

生まれた事は歓迎すべき事でした。

 

PowerMacintoshシリーズは、その後PowerMacと名前を変え、

その後、2006年にインテルを採用するまで続く事になります。

200px-Power_Mac_G5_hero_left

 

では、また。

コメントは利用できません。