ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その290 デジタルキッズには、もう初代iPodでさえ時代遅れ株式会社K.S.D.

十年ひとむかしとは言いますが。

リアルにジェネレーションギャップを感じさせる動画がありました。

現在のお子様に、初代iPodを渡してみたらどうなるか、紹介しています。

初代iPodがミュージックプレーヤーである事がわからない子がいます。

iPhoneで出来る事が、この初代iPodでは全く出来ない事に驚きを隠しません。

お子様故に、コメントに容赦がありません。

音楽しか聞けないの!って。

 

いきなりディスプレイを触って操作しようとするのを見ると、

スマートフォンしか知らない世代なんだと思わされます。

iPodだって登場直後は、

クリックホイールで操作するのが斬新に思えていたものなのに。

たった10年弱で時代遅れと言われてしまうとは。

 

今や当たり前となったディスプレイを触って操作する、

いわゆる「スワイプ」は、2007年にiPhoneが登場してからのもの。

まだ数年の歴史しかありません。

それだけの衝撃があったんです。

初代iPhone

思い起こせば、

Appleは幾度となく、デバイスの操作に革命を起こしてきました。

マウスでクリックさせるMacintosh

クリックホイールで情報を選び、操作するiPod

ディスプレイを直接触って操作するiPhone

いずれも、驚きをもって迎えらながらも、その後のスタンダードとなりました。

 

さて、今回登場していた子供たちが成人する頃、

スタンダードになっているのはなんでしょう?

その時には、やはり彼らも同じように、時代遅れ扱いされているのでしょうか?

 

では、また。

コメントは利用できません。